« ■シュワルツェネッガー博物館、閉館!! | トップページ | ■Poser6の女性CG »

2005.09.02

■ゲノムの7割からRNA!!

 マウスの全遺伝情報(ゲノム)を新技術で解析したところ、DNAの7割からリボ核酸(RNA)が生み出され、RNAがたんぱく質合成だけでなく、遺伝子制御や細胞死などに重要な役割を果たしていることが分かった。理化学研究所などの国際研究チームが、2日付の米科学誌サイエンスに発表した。 ゲノムの大半は役割を持たない「ジャンク(くず)」とする従来の常識を覆す成果。哺乳(ほにゅう)類に共通すると考えられ、ヒトの遺伝子がマウスと同じ約2万2000個しかなくても、はるかに高等な生命活動を営める謎の一端が解明された。
 細胞核の中で幾つもの染色体に分かれて存在するDNAは、塩基配列の所々にある計2%の領域しか、たんぱく質を作る遺伝子として働かない。RNAはたんぱく質の設計情報を伝え、材料のアミノ酸を運ぶ仲介役としか考えられていなかった。
 しかし、理研の林崎良英ディレクターらが、分解されやすいRNAの塩基配列を人工DNAに転写する技術などを開発し、網羅的に解析。 その結果、マウスではDNA塩基配列の7割に当たる18万カ所以上からRNAが作られ、このうち塩基配列を特定できた約4万4100個のほぼ半分が、たんぱく質合成ではなく、遺伝子制御など他の役割を果たしていた。 また、RNAは1本鎖とのイメージに反し、7割がDNAと同じ2本鎖構造だった。
 ヒトでも数年前から、小さな2本鎖のRNAががんの遺伝子制御や脳神経細胞の分化などに関与しているとの研究報告が相次いでいる。今後、ヒトのRNA解析が進めば、新薬開発につながると期待される。研究チームは、RNAを生み出すDNAの領域が遺伝子だけではなくなったため、「転写単位」という用語を提唱。林崎ディレクターは「大航海時代の新大陸発見に匹敵する成果だ」と話している。

|

« ■シュワルツェネッガー博物館、閉館!! | トップページ | ■Poser6の女性CG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/5748844

この記事へのトラックバック一覧です: ■ゲノムの7割からRNA!!:

« ■シュワルツェネッガー博物館、閉館!! | トップページ | ■Poser6の女性CG »