« ■クリストファー・N・ローリー監督「ボンヌビル」!! | トップページ | ■産業経済新聞、月額315円で朝刊紙面を配信!! »

2005.09.20

■インフルエンザウイルスを狙撃、「抗体酵素」開発!!

 インフルエンザウイルスを狙い撃ちして無力化させる「抗体酵素」を、県立広島大学生命環境学部の宇田泰三教授(生物工学)のグループが、世界で初めて人工的に作り出すことに成功した。抗体酵素を使った治療薬の開発をはじめ、エアコンなどを使って空気中のインフルエンザウイルスを撃退することも期待できる。
 インフルエンザウイルスは、ウイルスの表面にある「HA(ヘマグルチニン)」というタンパク質によってヒト細胞に結合し、感染する。増殖には別のタンパク質「NA(ノイラミンダーゼ)」の働きも得て、一日で百万倍にも増える。
 このHAはタンパク質の性質を決めるアミノ酸配列を自ら頻繁に変化させるため、毎年、新しいタイプのインフルエンザウイルスが生まれ、流行してきた。
 宇田教授らは、多数の死者を出したスペイン風邪などのウイルスが、多様に変化するHAの中に変化しない特定のアミノ酸配列を持つことに着目。その配列を破壊すればウイルスそのものを無力化できると考えた。そこで、変化しないアミノ酸配列を持つ化学物質をマウスに注射。これに対してできた六種類の抗体を脾臓(ひぞう)から抽出したところ、このうち二種類の抗体がタンパク質を分解する酵素の働きも兼ね備えた「抗体酵素」であることを突き止めた。

|

« ■クリストファー・N・ローリー監督「ボンヌビル」!! | トップページ | ■産業経済新聞、月額315円で朝刊紙面を配信!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/6031750

この記事へのトラックバック一覧です: ■インフルエンザウイルスを狙撃、「抗体酵素」開発!!:

« ■クリストファー・N・ローリー監督「ボンヌビル」!! | トップページ | ■産業経済新聞、月額315円で朝刊紙面を配信!! »