« ■スヌープ・ドッグ、映画で主演! | トップページ | ■「力道山の伝記映画が韓国で大ヒット! »

2005.01.03

■「赤い月」は、本当に残念!!

 レンタルDVDで観た、なかにし礼原作の「赤い月」(降旗康男監督)。満州での日本帝国軍の傍若無人な振る舞いと対比して、自立した個人の苦悩を描くというテーマは評価する。とても困難な中国ロケを、とにかく敢行したことも評価する。しかし、深みのないアンバランスな駄作になってしまった。なんとも残念な作品だ。
 重厚なテーマに、俳優たちが負けてしまっている。常盤貴子は、もともと基礎的な演技力がないのだから、難しい役をリアルに演じようとしても宙に浮くだけだ。男優たちも、つられて浮いた演技になった。子役は落ち着いていた。テーマの重さに負けず、「牡丹と薔薇」的に思い切ってデフォルメした方が、良かったかもしれない。

|

« ■スヌープ・ドッグ、映画で主演! | トップページ | ■「力道山の伝記映画が韓国で大ヒット! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/2454200

この記事へのトラックバック一覧です: ■「赤い月」は、本当に残念!!:

« ■スヌープ・ドッグ、映画で主演! | トップページ | ■「力道山の伝記映画が韓国で大ヒット! »