« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

■不気味な「SAW」は疲れるがオチは見事!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
 2004年作品。アメリカ映画。100分。配給=アスミック・エース。監督=ジェームズ・ワン(James Wan)。製作=マーク・バーグ、グレッグ・ホフマン、オーレン・クールズ、ラーク・ベルニーニ、ダニエル・J・ヘフナー、リチャード・H・プリンス。製作総指揮=ピーター・ブロック、ジェイソン・コンスタンティン、ステイシー・テストロ。原案=ジェームズ・ワン、リー・ワネル(Leigh Whannell)。脚本=リー・ワネル。撮影=デヴィッド・A・アームストロング。編集=ケヴィン・グルタート。配役=エイミー・リペンズ。音楽=チャーリー・クラウザー。アダム=リー・ワネル、ゴードン医師=ケアリー・エルウェズ、タップ刑事=ダニー・グローヴァー、ケリー=ダイナ・メイヤー、アリソン=モニカ・ポッター、アマンダ=ショウニー・スミス、雑役係ゼップ=マイケル・エマーソン、ケリー=ダイナ・メイヤー

 オーストラリア出身の27歳の2人、ジェームズ・ワンとリー・ワネルが制作した、低予算、撮影日数18日のスリラー・ホラー作品「SAW」(ソウ)がサンダンス映画祭で上映され、衝撃的なデビューを飾った。汚れたバスルームという空間につながれた2人の男。すべてはここから始まり、2人の会話と数々のフラッシュバックで物語はジグザクに進む。そして、命の大切さを訴えるために残酷な死を用意する「ジグソウ」の正体が、ラストで明らかになる。怖さだけを期待してはいけない。飛び上がるほど怖い作品ではないが、閉塞感と不気味さは抜きん出ている。オリジナリティあふれる大どんでん返しは、正面突破と呼べるほど見事だ。終始ハイテンションでへとへとに疲れるが、ストーリーのめりはりは、しっかりとしている。

 多彩な小道具のアイデア、映像のさまざまな質感、スピード感のある編集、場を盛り上げる音楽。それらが、計算されたストーリー展開とともに、この作品を独創的なものにしている。個人的には、必然性がないのに腹話術の人形が異様に怖かった。
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■東京国際映画祭黒澤賞はスピルバーグ監督ら!

 第17回東京国際映画祭の閉幕式が31日、東京都内で開かれ、コンペティション部門最高賞の「東京グランプリ」に、ウルグアイ出身のフアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール両監督作品「ウィスキー」を選んだ。新設の「黒澤明賞」はスティーブン・スピルバーグ監督と山田洋次監督に決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.30

■サマンサ・モートンの新作で、監督が降板!

 サマンサ・モートン主演の映画「リヴァー・クイーン」で、ヴィンセント・ウォード監督が降板した。モートンとの緊張関係が理由では、と伝えられている。本作は、モートンがインフルエンザで入院したため、1カ月間製作がストップしていたが、モートンが復帰した3週間後に、監督降板が発表された。このほか、セットでスタッフが負傷し入院したり、共演者のクリフ・カーティスが自動車事故で怪我したりと、トラブルが続いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.29

■年間悪役賞にブッシュ大統領!


 英映画誌トータル・フィルムは、年間悪役賞を選ぶ読者投票の結果、ドキュメンタリー作品「華氏911」(マイケル・ムーア監督)で厳しく批判されたブッシュ米大統領が選ばれたと発表した。大統領は「スパイダーマン2」のドクター・オクトパスや、「テキサス・チェーンソー」のレザーフェイスを抑えてトップに立った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■コリン・ファレル、薬物使用!

 コリン・ファレルが、過去にヘロインを数回吸引したことを認めた。「何回か試したけど、先が見えたからやめた。その時はいい気分だった」と話した。15歳で初めてマリファナを試し、翌年にはエクスタシーも試していた。麻薬・覚醒剤防止団体は「ファレルは子供の手本となるべき存在で、薬物をやったことを自慢すべきではない。中毒患者がどのような状態になるのかを自分の目で確かめてみるべきだ」とコメントしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■トッド・ソロンズ、ストックホルム国際映画祭で最初の受賞!

 「ハピネス」など個性的な作品で知られるトッド・ソロンズ監督の新作「パリンドロームズ」が、第15回ストックホルム国際映画祭で、最初の賞を受賞することになった。この映画祭で作品に賞が与えられるのは初めて。映画祭主催者は「今回の受賞のキーワードは、恐れや不安、絶望」と語っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.28

■クロサワ原案「鬼」映画化!

 故黒沢明監督が残した粗筋を基にした映画「鬼」が製作されることが28日明らかになった。黒沢プロ社長で長男の黒沢久雄さんが初めて監督する。「鬼」は戦国時代を舞台に、金髪で青い目の武将が運命を切り開いていく物語。黒沢監督の遺稿の中に下書きとして残されていたものを、久雄さんとゲームプロデューサーのシブサワ・コウさんが脚本化、製作も担当する。テレビゲーム化など多メディア展開を考えているという。主演とヒロインは一般公募。2005年夏に撮影を始め、2006年に公開予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジュリア・ロバーツ、早期陣痛で入院!

  予定日よりも早く陣痛が感じられたため、ジュリア・ロバーツが緊急入院した。夫のダニー・モーダーに付き添われたロバーツは、胎児の監視用モニターを装着し、ベッドで安静を言い渡されているが母子共に状態は良好だという。入院により、新作『クローサー』(原題)と『オーシャンズ12』のプロモーション活動はできないとみられる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.27

■iPod Photo発売!

 予想通りAppleは10月26日、カラー液晶搭載の携帯音楽プレーヤー「iPod Photo」を発売した。U2メンバーのサインが入ったスペシャル版の「iPod U2 Special Edition」も11月に発売予定。
 iPod Photoでは音楽に加えて最大2万5000枚のデジタル写真が保存でき、Click Wheelを使って画面に次々と表示できるほか、テレビにつないでスライドショーの展開も可能。40Gバイトと60Gバイトのモデルが発売され、バッテリー持続時間は音楽再生で最大15時間、スライドショーでは最大5時間。
 日本は11月中旬より出荷開始し、AppleStore価格は40GBモデル(M9585J/A)が57,540円、60GBモデル(M9586J/A)が70,140円。対応OSはWindows 2000/XPとMac OS X 10.2.8以降。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ヴィヴァルディの伝記映画!

 「四季」で知られるイタリアの作曲家アントニオ・ヴィヴァルディの伝記映画が製作される。ヴィヴァルディと彼のミューズだった聖職者の女性との隠された恋を中心に描く。キャサリン・ハードウィック監督がメガホンを取り、「ビューティフル・マインド」「ディボース・ショウ」を手掛けてきたブライアン・グレイザーがプロデュースする。脚本はケヴィン・ランドとTJ・スコットが担当する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

■ジュリア・ロバーツ、5年休業!

 来年の初めに双子を出産する予定のジュリア・ロバーツが、出産後は映画界活動を5年間休業する予定だ。友人の育児トレーナーに語った。「母親になるのを長い間待ち望んでいたから、すべての時間を赤ちゃんたちに捧げたい」と話している。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.25

■G・マルケス、出版直前に最終章書き換え!

 「百年の孤独」で知られるメキシコ在住のノーベル賞作家、ガルシア・マルケスの10年ぶりに発表された新作が、話題を呼んでいる。 新作「メモリア・デ・ミス・プータス・トリステス」は、1950年代を舞台に、コロンビア人の老人が愛の遍歴を述懐する内容。27日に出版予定だったが、母国コロンビアで印刷所から流出したとみられる海賊版が広く出回った。同氏側は予定を1週間早めて20日から発売した上で、「本物」は海賊版とは最終章が異なると異例の発表を行った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■新スーパーマンはブランドン・ルース!

 ワーナー・ブラザーズは、新スーパーマン役に俳優ブランドン・ルースを抜てきしたと正式に発表した。監督のブライアン・シンガーは、当初から無名の俳優を起用する予定だったという。「ブランドンは、体格的にこの役に適していると思う。それだけでなく、スーパーマンというキャラクターが持つ歴史をも体現しているように見える」と語った。撮影は来年初めからオーストラリアで開始される予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.24

■「2046」は近未来SFではない!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
 2004年作品。香港映画。130分。配給=ブエナビスタインターナショナル(ジャパン)。製作・監督・脚本=ウォン・カーウァイ。製作=チャン・イーモウ。撮影=クリストファー・ドイル、クワン・プンリョン、ライ・イウファイ。美術・編集=ウィリアム・チョン。音楽=ペール・ラーベン、梅林茂。衣装=ウィリアム・チャン。チョー・モーワン=トニー・レオン、ワン・ジンウェン/wjw1967=フェイ・ウォン、バイ・リン=チャン・ツィイー、タク=木村拓哉、スー・リーチェン=コン・リー、スー・リーゼン=マギー・チャン、ルル/ミミ=カリーナ・ラウ、ワン・ジェウェン=ドン・ジェ

 ウォン・カーウァイの「2046」。これほど、待たされる幸せを味わった作品は久しぶり。完成までに5年の歳月が流れた。近未来SFではない。1960年代後半の香港を舞台にした、けだるく絡み合った耽美な恋愛劇だ。主人公チョー・モーワンが創作する小説が近未来SFで、そこにチョー・モーワンを取り巻く人々をモデルにした人物が登場する仕掛け。相変わらず、スタイリッシュな映像と斬新な音楽が独自の世界を作り上げる。たとえストーリーがなくても、十分に魅力的な映像が続く。
 トニー・レオン、フェイ・ウォン、コン・リー、カリーナ・ラウ、マギー・チャンと、スターたちが共演。それぞれ持ち味を存分に発揮していた。フェイ・ウォンは、キュートなアンドロイドを演じてみせた。ウォン・カーウァイ作品初参加のチャン・ツィイーは、ここでも芸達者ぶりを発揮。新しい魅力を放つ。どんどん幅を広げていく彼女には驚かされるばかり。注目の木村拓哉は、何とか名優たちについていっているものの、幅の狭さは覆うべくもない。物語重視の人にはお勧めしないが、映像派にはたまらない130分になるはず。
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■新潟県中越地震と命名!


 気象庁は24日、新潟県中越地方で23日に発生した地震の名称について、「平成16年(2004年)新潟県中越地震」と命名した。 新潟県は、被害の大きい小千谷市や長岡市など6市16町7村に対して災害救助法を適用することを決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ケリー・プレストン、3人目を計画!


 私にとって、ケリー・プレストンとジョン・トラヴォルタ夫婦は不思議な関係に見えるが、仲はすこぶる良いようだ。ケリー・プレストンは、3人目の子供を計画中と公言している。二人の間には娘のエラと息子のジェットがいるが、時間があれば二人で過ごすようにしているらしい。プレストンは「まだ妊娠はしていないけど、もう一人欲しいの。日中ならランチと称して二人で消えるわ。子供たちと一緒にホテルに滞在する時は、子供のためにもう一部屋とっているのよ」と話している。
 ケリー・プレストンは、高校時代からモデルとして活躍。南カリフォルニア大学とUCLAで演技を学び、'83年「メタルストーム」で映画デビュー。以降「ツインズ」で注目を集めた。「エキスパーツ」で共演した縁でジョン・トラボルタと結婚した。今後は「フレンズ」のスピンオフ番組「ジョーイ」にゲスト出演する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.23

■地震は「逆断層タイプ」!

 気象庁の山本雅博地震津波監視課長が23日夜に記者会見し、午後5時56分ごろに新潟県小千谷市で震度6強を観測した地震について「北西・南東方向に圧力軸を持つ『逆断層タイプ』とみられ、この付近で一般的に発生する地震のパターンではないか。内陸部で起こる震源の浅い地震は、たて続けに余震が続くことがある。今後も余震活動は活発な状態が続き、震度6強になるような余震が起こる可能性もある。今後も1週間程度は余震への注意が必要」と説明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「スチームボーイ」DVDは、2005年4月14日発売!

 総製作費24億円をかけた大友克洋監督・原案・脚本の「スチームボーイ」DVDは、2005年4月14日発売になる。通常版は片面2層×2枚組(本編ディスク+特典ディスク)で定価 3,990円(税込)。メモリアルボックスは片面2層×4枚組(本編ディスク+特典ディスク3枚+24Pブックレット)10,290円(税込)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■2時間余りで12回の強い余震!

 こんなに頻繁に強い余震が続くものか。余震と言っても最初の地震と変わらない強さだ。続々と被害の報告が入ってくる。

★震度4以上の余震
2004年10月23日 20時2分ごろ  新潟県中越 4
2004年10月23日 19時49分ごろ 新潟県中越 4
2004年10月23日 19時46分ごろ 新潟県中越 6弱
2004年10月23日 19時36分ごろ 新潟県中越 5弱
2004年10月23日 18時57分ごろ 新潟県中越 5強
2004年10月23日 18時54分ごろ 新潟県中越 5強
2004年10月23日 18時36分ごろ 新潟県中越 5弱
2004年10月23日 18時34分ごろ 新潟県中越 6強
2004年10月23日 18時28分ごろ 新潟県中越 4
2004年10月23日 18時12分ごろ 新潟県中越 6強
2004年10月23日 18時3分ごろ   新潟県中越 5強
2004年10月23日 17時57分ごろ 新潟県中越 4

●最初=2004年10月23日 17時56分ごろ 新潟県中越 6強

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■台風の次は地震だあ!!

 相次ぐ台風が落ち着いたかと思ったら、今度は震度6クラスの地震が相次いで発生している。台風と違って予測が難しい。日頃からの防災対策の大切さをあらためてかみしめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■26日、新しいiPod発表か!

 Apple Computerは、26日午前10時から、カリフォルニア州サンノゼにあるCalifornia Theaterで特別イベントを開催する。同イベントへの招待状には、「Steve Jobs、Bono、そしてThe Edgeが、あなたを特別なイベントにご招待します」とだけ書かれている。BonoとThe Edgeは、AppleのiPodCMに起用され、AppleのiTunes Music Storeで売上トップを記録している「Vertigo」を歌うU2のメンバー。iPodデジタル音楽プレイヤーの新モデルを発表するのではないかとの憶測が広がっている。カラー画面を搭載し楽曲の再生に加えて写真も表示できるiPod、「U2-Edition」のiPod、フラッシュメモリを搭載したiPodなどの予測が飛び交っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 俳優の萩原健一を逮捕! 

 横浜市鶴見区馬場の市道で、22日午後8時前、乗用車が対向車線にはみ出しバイクと正面衝突した。バイクの男性は病院に搬送されたが、命に別条はないという。鶴見署は業務上過失致傷の現行犯で、乗用車を運転していた俳優の萩原健一容疑者を逮捕した。鶴見署によると、現場は左カーブ。乗用車が曲がりきれなかったという。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.22

■東京ディズニーシーで停電!

 東京ディズニーシー(TDS)で、22日午後3時35分ごろアトラクションが停止する大規模な停電が発生した。約1万6000人の入園者がいたが、大きな混乱はなく、けが人もなかった。これまで雷などによる短時間の停電はあったが、大規模な停電は開園以来初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■アンジェリーナ、2人目の養子!

 アンジェリーナ・ジョリーが、養子をもう一人迎える準備にはいった。ロシアの孤児院をいくつも回り、ブロンドの髪で青い目の男の子を探したらしい。今回、養子になることになったグレブの写真を見た途端、「私の息子だわ」と言い、本人に会った時は抱きしめてキスしたという。ジョリーにはカンボジアから迎えた養子マドックスがいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.21

■新山千春が巨人・黒田と結婚!

 女優の新山千春(23)と巨人の黒田哲史(29)が今オフに結婚する。新山千春は、映画「お日柄もよくご愁傷さま」でデビュー。主な出演作はTBSのドラマ「義務と演技」、映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」など。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ジョニー・デップ、ロンドンプレミアに参加!

 さすが、デップ。にくいコメントだ!-。新作「ネバーランド」のプレミアで、ロンドンのウエスト・エンドにジョニー・デップが登場し、多くのファンから声援を浴びたが、スターとしての自分について「そんなに、胸を高鳴らせるような存在じゃない。ただ、奇妙な仕事についただけ」と話した。映画で演じた作家のバリ役で、オスカー受賞の有力候補と呼ばれていることについても「そんなこと、いつも考えてはいない。それを考えることは僕の仕事じゃない。でも、誰かがそう言ってくれるなら、それはとても優しいことだね」と語った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.20

■犬童一心監督「メゾン・ド・ヒミコ」!

 ゲイのための老人ホームを舞台にした映画「メゾン・ド・ヒミコ」(犬童一心監督、脚本・渡辺あや、来年公開)の製作発表が19日、東京都渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた。主演のオダギリジョー、柴咲コウ、田中泯が出席。脚本完成までに4年をかけた作品は、ゲイの父親(田中泯)を嫌ってきた娘・沙織(柴咲コウ)が、父親の愛人・春彦(オダギリジョー)から父が、がんで余命いくばくもないと告げられ、老人ホームで働かないかと誘われることから始まる。現在撮影が続いている。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ジェシカ・ラングとマリア・ベロ共演!

 ジェシカ・ラングとマリア・ベロが、インディペンデント映画「アフターショック」(監督・脚本アン・メレディス)で共演する。8歳の時にアル中の母親に捨てられて、それがトラウマになっている女性脚本家を主人公にした物語。「13デイズ」のルシンダ・ジェニーと」「ヴィレッジ」のチェリー・ジョーンズも出演する。撮影は11月末からニューヨークで行われる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

■映画の中の最高の瞬間!

 「プライベート・ライアン」で、冒頭シーンに登場するオマハ・ビーチ上陸のシーンが、「映画の中の最高の瞬間」ランキングでベストワンに輝いた。これは、インターネット・サイトで行われた調査で、2位は「エイリアン」で、ジョン・ハートが演じた乗組員ケインの胸をエイリアンが破り出るシーン、3位には「タイタニック」で豪華客船が沈むシーンが選ばれた。4位には「シックス・センス」、5位には、「サイコ」が挙がっている。私なら、「キャリー」を挙げる。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2004.10.18

■クリス・ロック、アカデミー賞の司会に!

 アカデミー賞を主催する映画芸術科学協会は、クリス・ロックが第77回アカデミー賞を司会すると発表した。アカデミー賞のテレビプロデューサーであるギル・ケイツ氏は「僕はクリス・ロックの大ファンだ。いつも面白くて興味深い。クリスのような新しい世代のコメディアンがオスカーの司会を務めるなんて最高だ」と言っている。第77回アカデミー賞は、2月27日にロサンゼルスで発表される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「チーム・アメリカ」R指定に!

 「サウスパーク」のクリエイター、トレイ・パーカー&マット・ストーンによる問題作「チーム・アメリカ:ワールドポリス」のセックスシーンが、大幅にカットされることになった。レイティング審査をするアメリカ映画協会(MPAA)から17歳未満の観賞を一切禁止する「NC-17」指定を受けてしまったため。「NC-17」では興行収入に大きく影響することから、製作サイドは、問題のシーンの9つの異なるバージョンを提出、ようやくR指定に落ち着いたという。R指定の作品は、17歳未満でも保護者が同伴すれば鑑賞可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「トイ・ストーリー3」!?

 ディズニーのマイケル・アイズナー会長が、「トイ・ストーリー3」と「トイ・ストーリー4」を企画中であることを明かした。「トイ・ストーリー」はピクサーが製作したアニメーションだが、契約上、ディズニーはピクサーの了承なしに続編を製作できることになっている。今回、ディズニーが強引に続編製作を決定したのは、ピクサーとの復縁を完全に諦めたからではないかと見られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

■パンの切れ端から水素生成!


 サッポロビール、島津製作所、広島大学は、製パン工場から出るパンの切れ端など食品廃棄物から水素を生成する技術を、世界で初めて確立した。燃料電池のエネルギー源などへの利用が期待される。食品廃棄物を分解処理する際に、水素を生成する微生物群を使う。分解で発生したメタンガスを改質器で水素に変換する従来型の生成方式より効率が良く、硫黄分を含まない水素を生成できる。将来は、木材の切れ端などの農林廃棄物にも応用できる可能性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ペネロペ・クルス、婚約!

 スペイン出身の女優ペネロペ・クルスが、アメリカの俳優マシュー・マコノヒーと婚約した。クルスは今年初めに俳優トム・クルーズと破局。その後、新作映画「サハラ」で共演したマコノヒーとの熱愛が取りざたされていた。2人は今月末に同州オースチンで友人を集めてパーティーを開く予定であり、そこで正式に婚約を発表するとみられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.16

■業田良家「自虐の詩」を読む!

 業田良家の「自虐の詩」文庫版(竹書房)を読んだ。1985年から「週間宝石」に連載されていた4 コマ漫画。かつて全5巻で刊行されたが、文庫版は「幸江とイサム」シリーズの総集編。私は週刊誌に連載していたときから読んでいたが、さまざまなバリエーションのちゃぶ台ひっくり返し、そのお決まりのオチを単純に楽しんでいた。1990年まで連載していたとは知らなかった。
 今回、友人に文庫本を借りて、一気に通読した。かなり売れているらしい。前半は懐かしい場面ばかり。しかし、下巻に移るとがらっと雰囲気が変わり、幸江の衝撃的な過去が明らかになる。乾いたタッチの作風が、あっと驚くような感動のラストへと変ぼうする。まるで計算されていたかのような、見事な展開である。私はしめっぽく、そして説教くさい終わり方が好きではないが、奇跡的な効果を上げた4 コマ漫画の傑作であることは、間違いない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■「デビルマン」は無惨な出来!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2004年作品。日本映画。116分 。配給=東映。監督=那須博之。原作=永井豪。脚本=那須真知子。特撮監督=佛田洋。CGプロデューサー=氷見武士。CGスーパーバイザー=野口光一。アクションコーディネーター=野口彰宏。不動明=伊崎央登、飛鳥了=伊崎右典、牧村美樹=酒井彩名、ミーコ=渋谷飛鳥、牧村啓介=宇崎竜童、牧村恵美=阿木燿子、シレーヌ=冨永愛、ニュースキャスター=ボブ・サップ

 「デビルマン」(那須博之監督)を観終わって、すぐに立ち上がれなかった。感動したからではない。あまりの酷さにあぜんとしたからだ。ことしのメジャーな邦画ワースト1は、ほぼ間違いないだろう。原作のフルバージョンにしたというが、肝心のテーマが置き去りになっている。その上、ストーリーがとびとびで意味不明。さらに、セットがひどくチャチだ。全然物語が深まっていかない。CGだけは及第点を上げられるが。実写部分とバラバラな印象を与える。とにかくまれに見る低レベル。原作「デビルマン」に対する愛着すら伝わってこなかった。
 キャスティングも、またひどすぎる。下手以前に伊崎央登、伊崎右典にはやる気が感じられない。小林幸子なんか出す必要があるのか。ニュースキャスターがボブ・サップというのも分からない。宇崎竜童、阿木燿子は、あんなに白けた演技しかできなかったか。ミーコ役の渋谷飛鳥だけは、頑張っていたと思う。そして、ゲスト出演していた神父役の永井豪の哀愁に満ちた表情が印象に残った。
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■東京国際ファンタスティック映画祭に韓国女優!

 今年20周年を迎えた東京国際ファンタスティック映画祭2004のオープニング・セレモニーが15日、東京・新宿ミラノ座で行われ、韓国スターのぺ・ドゥナ、イム・ウンギョンの女優2人が出席した。映画祭は17日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.15

■アップルのiTunes、楽曲販売1億5000万曲突破!

 アップル コンピュータは米国時間14日、iTunes Music Storeが2003年4月の開始以来、1億5000万曲の楽曲販売を達成したと発表した。1週間あたり400万曲以上、または年間2億曲以上というペースで楽曲を販売していることが分かる。Appleは7月初めに販売楽曲数1億曲という記録を達成したが、同社の販売ペースはここ数カ月間で加速している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レイ・リオッタ、ガイ・リッチー監督作に出演!

 レイ・リオッタとジェイソン・ステイサムが、ガイ・リッチー監督の新作「リボルバー」に出演する。腕利きのギャンブラーを主人公にしたアクションドラマ。リュック・ベッソンとマーティ・カッツがプロデュースするということで注目されている。脚本はリッチーとポール・トディスコ、イーサン・グロスが共同で手掛けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■PCJapanが復刊!

 ソフトバンク パブリッシングは、10月13日発売の2004年11月号から、PCJapanが復刊した。復刊号は付録が充実、ダブル別冊&ダブルCD-ROM付録になっている。1冊目は、幻となってしまった7月号の連載を中心にまとめた「PCJapan 7月号ダイジェスト」。掲載予定だった10本の連載と、特別企画が1本掲載されている。2冊目は、これも7月号に付く予定だった「PCJapanデータブック グラフィックチップ編」。AGP、PCI Expressの各インターフェイスに対応したグラフィックチップを調べたり、バルク品のグラフィックカードを購入するときなどに役立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

■川端邸に草間彌生の初期作品!

 ノーベル賞作家の川端康成が、国際的に活躍する前衛美術家、草間彌生の初期作品2点をいち早く購入、2点とも現存していることが分かった。草間さんが名声を確立する以前に、才能を川端氏が見抜いたことを示す貴重な作品となる。26日から東京・竹橋の東京国立近代美術館で開かれる草間彌生展で半世紀ぶりに公開される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ウィノナ・ライダーとジョセフ・ファインズが共演!

 映画「ザ・ダーウィン・アワーズ」で、ウィノナ・ライダーとジョセフ・ファインズが共演する。究極に愚かな行為をして死亡した人々に賞を与えるインターネット・サイト「ダーウィン賞」を参考に映画化したロマンティック・コメディ。ファインズは法医学捜査官に扮し、ライダー演じる保険調査員とともに、亡くなったダーウィン賞受賞者の調査をするというストーリー。監督と脚本はフィン・テイラーが手掛け、撮影は11月から開始される予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

■ジョニー・デップの今後!

 ジョニー・デップは、「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」の続編と、「チョコレート工場の秘密」が終わり次第、グレゴリー・デヴィッド・ロバーツの小説「シャンタラム」の映画化に参加する。デップが演じるのは、ヘロイン中毒の若きオーストラリア人。刑務所から脱獄してインドのスラム街へ逃げ、その後1980年代のアフガニスタンで、ソビエト侵攻に抵抗する。共同製作者としても名を連ねる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■トム・ティクヴァ監督の新作!

 「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督が、オーランド・ブルームの主演が決まっている「パヒューム:ザ・ストーリー・オブ・ア・マーダー」でメガホンを取る。さらにコロンビア・ピクチャーズの新作「ジ・インターナショナル」を手掛けるかもしれない。強迫観念に取り付かれたインターポールの捜査官がマネーローンダリングや武器、麻薬、テロリズムに関わっている銀行員を追跡するアクション・アドベンチャーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.12

■「たまごっちプラス」携帯と連動!

 ついに携帯と連動-。バンダイは10月12日、携帯育成デジタルペット「かえってきた!たまごっちプラス」の新型「祝ケータイかいツー!たまごっちプラス」(ケーたま)を、11月23日に発売すると発表した。白、グレー、イエロー、赤、ピンク、水色の6色があり、価格はそれぞれ2625円。新製品では、たまごっち同士の赤外線通信を進化させ、新たに携帯電話と連動できるようになった。携帯専用サイトから「たまごっちパーク」アプリをダウンロードすると、ケーたま本体に貯めた「ごっちポイント」を使って「ショッピング」を楽しんだり、ケーたま本体で別れてしまった親と再会したり、本体の中のたまごっちを携帯電話の中でおでかけさせたりできる。専用サイトは、11月23日より順次オープンする。対応機種はドコモの504i/is、505i/is、506i、FOMA2000系、900iシリーズ、auのBREW2.0以上対応端末、ボーダフォンの50K Vアプリ対応機種。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

■アップル、「Photo iPod」を年末投入か?!

 Apple Computerが年末商戦に向けてカラー画面を搭載したiPodの準備を進めているらしい。Mac関連のニュースと噂を扱う Think Secret サイトによると、60Gバイトのハードディスクを搭載したこのモデルは、現行の第4世代iPodに近い形になるものの、高解像度カラー画面付きで写真を表示できるという。この499ドルの新モデルはまた、音楽に合わせてスライドショー形式で写真を表示したり、それをテレビへ出力することもできると同サイトは記している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジュリー・デルピー新作!

 ジュリー・デルピーが、新作サイコスリラー「ザ・レジェンド・オブ・ルーシー・キース」の出演交渉で最終段階に入った。マサチューセッツ州中部でよく知られる伝説を基に、家族に巻き起こる恐怖体験を描く。製作は来月から、伝説発祥の地であるマサチューセッツ州プリンストンで開始される予定。デルピーは、このほかジム・ジャームッシュ監督の新作への出演が決まっている。シャロン・ストーン、クロエ・セヴィニー、ビル・マーレイらと共演する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.11

■「スーパーマン」クリストファー・リーブ氏死去!

 映画「スーパーマン」の主演俳優で、落馬事故で半身不随になった米国の俳優クリストファー・リーブ氏が10日、ニューヨークの病院で心不全のため死去した。52歳だった。リーブ氏は9日、自宅で心臓発作を起こして病院に搬送され、こん睡状態に陥っていた。
 乗馬が趣味だったリーブ氏は1995年、馬術大会で競技中に落馬して脊髄を損傷、体の自由を失った。しかし懸命にリハビリを続け、98年にはヒチコックの「裏窓」をテレビ用にリメークした作品で俳優としてカムバックした。

| | コメント (1) | トラックバック (8)

■「デビルマン」台風直撃の公開初日 !

 台風22号が日本列島を直撃する中、「デビルマン」(那須博之監督)が公開初日を迎えた。各所で舞台あいさつが行われた。那須監督は「日本映画の台風の目になればいいと思っていたら、本当に台風がきちゃった。でもデビルマンらしいスタート」と笑顔を見せた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ワンドットゼロ2004in札幌、素晴らしい!!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 onedotzero_nippon2004in sapporo(ワンドットゼロ2004in札幌)が、終了した。例年以上に充実した内容で、企画した4つのプレゼンテーションは、どれも面白かった。私は、無事全10プログラムを見ることができた。素敵な作品が上映されるとパイプ椅子の固さも忘れてしまう。束芋さんら、作品を見ながら作家の話を聞くという幸せは、何ものにも変え難い。今回も多くの作品が私の心に残った。先駆的な企画は継続していくのが大変だと思う。スタッフの皆さん、御苦労さまでした。
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

■仏哲学者のジャック・デリダ死去!

 フランスの哲学者ジャック・デリダが9日、膵臓(すいぞう)がんのためパリの病院で死去した。74歳だった。プラトンからニーチェ、ハイデッガーまでの西洋哲学全体を先鋭的に批判・解体し、西洋中心主義を問い直す「脱構築」の思想を展開し、大きな影響を与えた。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

■「チーム・アメリカ」の作曲家降板!

 「サウスパーク」のトレイ・パーカー&マット・ストーンによる新作映画「チーム・アメリカ:ワールドポリス」が、15日の全米公開を目前に控えて、作曲家が交代することになった。本作の音楽担当だったマーク・シャイマンは、トレイ&マットにとって、「サウスパーク/無修正映画版」でも仕事をしたが、なぜか急遽降板が決定。シャイマンの代わりに雇われたのは、ハリー・グレッグソン・ウイリアムス(「シュレック1&2」「チキンラン」)。ウィリアムスは、これから新たに曲を書き下ろさなければならない。間に合うのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ワンドットゼロ2004in札幌2日目!

 ワンドットゼロ2004in札幌の2日目9日からはエデットに会場を移し、アットホームな雰囲気で上映やプレゼンテーション、質議が行われた。
 presentation1・ローガンは、アレクセイ・ティレビッチとベン・コンラッドの二人組からなるロサンゼルスのデザインユニット。実写、アニメーション、イラストレーションを組み合わせた作品を制作している。プレゼンテーションでは、ミュージックビデオやCM製作の技術に踏み込んで解説。iPodCMの秘話も聞くことができた。キレの抜群に良い映像にうなった。
 ウエブレングスは、斬新性なミュージックビデオのプログラム。多彩な作品がそろった。中でもjonas odell「take me out」/ franz ferdinand / ukが傑出している。ダダイスト/構成主義的フォトモンタージュという定義に収まらない斬新さを備えている。
 presentation2・エアサイドは、ロンドンを拠点とするデザイン・エージェンシーで、アニメーション、ウェブ、プリント、ID、おもちゃ、Tシャツなどを含む幅広いメディアで仕事をしている。ゲストのフレッド・ディーキンは、とにかく多才。トークもウイットに富んで面白い。音楽からグラフックス、CG、そしてグッズまで幅広い分野で活動している。あふれるアイデアにおぼれることなく、ディスカッションを大切にしている姿勢が印象的だった。
 extended playは、批評家から絶賛されているショートフィルムとアニメーションのプログラム。ことしは、特に充実していた。marc craste「jojo in the stars」( studio aka / 2003 / france/uk)は、白黒で描写された悪夢的で美しい世界。 そのオリジナルなキャラクターデザインと愛と犠牲のストーリーに涙が出た。daniel askill「 we have decided not to die」( 2003 / australia)は、3人の肉体に関する3つの儀式。異様な強度が衝撃的だ。juan solanas:「l'homme sans tete 」(onyx films / 2003 / france)は、ショートショートでもノミネートされた作品。以上3作品は、いずれも奥深いユニークな世界観がある。virgil widrich: 「fast film」( six-pack film / 2003 / austria)は、300以上もの映画史上に残る作品を引用する信じられないほどの労作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.09

■新「スーパーマン」にスティーヴ・マーティン!

 ブライアン・シンガーが監督する予定の「スーパーマン」シリーズ最新作。デイリー・プラネットの編集長ペリー・ホワイト役でスティーヴ・マーティンが候補に挙がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.08

■ワンドットゼロ2004in札幌始まる!

 イギリス発世界最大のムービングイメージ・フェスティバルonedotzero(ワンドットゼロ)2004in札幌が、10月8日から始まった。10日まで、2会場で開催。8日は、アーバンホール(札幌市中央区南3西4、札幌アーバンビル7階)で上映が行われた。

 この日の最終回「sh*te + shynola」に滑り込んだ。私の大好きなシャイノーラ。4人のメンバーは結成当初から共に生活し働いている。デジタルの作品だが、手書きアニメの感触が実に上手く生かされている。そして笑いからぞくっとする恐怖まで、ポップな明るさからパンクな破壊まで幅広いテイストを持ち合わせている。独自性のある一つの表現というよりも、シャイノーラ空間という楽しい広がりこそ持ち味だと思う。今回、作品をまとめて見て、どの作品にも多彩な毒が仕込まれていることにあらためて驚いた。

 メルヘン風に始まり恐怖に叩き込む「eye for an eye」のほか、ドットアニメのお祭り騒ぎのような楽しさが詰まった「move your feet」、恋した天使の頭をドングリと間違えて食べてしまうリスの残酷な結末を描いた「good song」、雑誌の切り取りとライブ映像を貼り合わせて作られたパンクな「house of jealous lovers」などなど、本当に楽しいプログラムだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■悟空役はレンダン・フレイザー!? 

 様々な情報が交錯している「ドラゴンボールZ」実写映画化プロジェクト。悟空役に「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザーが内定しているもようだ。かつてはトム・ウェリングという名前も挙がっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ピアニスト・園田高弘さん死去!

 戦後日本を代表するピアニストの1人、園田高弘(そのだ・たかひろ)氏が7日午後5時20分、解離性大動脈瘤(りゅう)破裂のため亡くなった。76歳だった。東京都生まれ。4歳でピアニストの父、清秀氏から早期教育を受け、6歳でロシア出身の名ピアニスト、レオ・シロタに師事。1948年、東京音楽学校(現東京芸大)を卒業しデビュー。その後渡欧し、パリやベルリンで研さんを積んだ。1954年、初来日したヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮するNHK交響楽団との共演などを手始めに、内外で著名な指揮者らと活発な演奏活動を行い、コンクールの審査員としても活躍した。1950年代には、作曲家の武満徹氏らと先鋭的な芸術集団「実験工房」に加わり、数々の現代音楽の日本初演を手掛けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.07

■イラク戦争の大義、完全崩壊!

 戦争の大義、完全崩壊!それでもブッシュは強弁するのか。イラクで大量破壊兵器を捜索していた米調査団のドルファー団長は6日、昨年3月のイラク戦争開戦時に、同国にはいかなる大量破壊兵器も存在しなかったと結論づける報告書を議会に提出した。
 ブッシュ政権は、フセイン・イラク元大統領が大量破壊兵器を保有していることを最大の理由に、イラク戦争に踏み切ったが、この日の報告書がイラクに核、化学、生物兵器のいずれもなかったことを公式に認定、戦争の大義は完全に崩壊した。アナン国連事務総長から「違法」と指弾されたイラク戦争の正当性があらためて厳しく問われるのは必至だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「海猫」完成披露試写と舞台あいさつ!

 「海猫」(森田芳光監督、11月13日公開)の完成披露試写と出演者による舞台あいさつが5日、東京・丸の内TOEIで行われた。森田監督は当初「小学生も見られる作品に」と話していたが映倫審査でR―15(15歳未満入場禁止)になることが決まった。
森田監督は、昔映画会社がプロ野球の球団を持っていたことに触れ「日本映画が発展すれば、またそんな日がくるはずなので、まずは東映の『海猫』をよろしく!」と締めくくった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『山猫』イタリア語・完全復元版!

 ルキーノ・ヴィスコンティの『山猫』が、「イタリア語・完全復元版」で日本公開される。新宿テアトル タイムズスクエアで10月23日から11月22日まで。日本初公開は、大幅に短縮された英語国際版で1964年。そして1981年にイタリア語のオリジナル完全版が公開された。オリジナル完全版は物語の完成度が遥かに高いものの、プリントの保存状態が悪く、発色という点では国際版の鮮やかさに及ばなかった。今回上映される「イタリア語・完全復元版」は、両版の良い部分が1つになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ロベルト・ベニーニ、新作はイラク舞台に!

 イタリア人俳優、ロベルト・ベニーニが、イラクで新作の撮影を開始した。タイトルは「タイガー・アンド・ザ・スノウ」。イラクで捕らえられた詩人が主人公。ベニーニは、「舞台をイラクにしたのは、特に皮肉をこめているわけではない。これはドキュメンタリー映画ではないけれど、イラクの戦争について非常によく描いているよ」と語っている。ベニーニの妻で女優のニコレッタ・ブラスキが共演する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レニー・ゼルウィガー休業宣言!

 レニー・ゼルウィガーが「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編となる「エッジ・オブ・リーズン」の仕事が終了した後、1年間は休業する。女優の仕事は生活のあらゆる面に影響を与えるため、できないことが多すぎるという。「友人とゆっくりコーヒーを飲みたいのよ。そんな過ごし方ができる友達がうらやましいわ。だから1年は何もしないつもり」とインタビューに答えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■デンジャーフィールド死去!

 ロサンゼルスの病院で心臓弁手術を受けていたロドニー・デンジャーフィールドが亡くなった。82歳だった。術後、軽い脳梗塞を起こし、数週間は昏睡状態だったが、先週になって意識が回復していた。デンジャーフィールドは、チェビー・チェイス主演のコメディ「ボールズ・ボールズ」ほか、多くの映画に出演。アメリカでは名コメディアンとして知られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.06

■世界最大のウィーン金貨発売!

 オーストリア造幣局がウィーン金貨発売15周年を記念して発行した世界最大の純金金貨が6日、東京・元麻布のオーストリア大使公邸でお披露目された。直径37センチ、厚さ2センチ、重さ31キロで、価格は1枚約6000万円(時価)。7日から15枚限定で世界同時発売する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イギリス映画のベストワンは!

 イギリスの映画誌「トータル・フィルム」が行った、イギリス映画ベスト50のランキングで、1971年にマイケル・ケインが主演を務めたギャング映画「狙撃者」が首位に選ばれた。2位に選ばれたのは、マイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガー監督の「天国への階段」。3位にはユアン・マクレガー主演の「トレインスポッティング」が選ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レニー・ゼルウィガー破局!

 レニー・ゼルウィガーがホワイト・ストライプスのシンガー、ジャック・ホワイトとの交際に終止符を打っていた。2人は2002年に、ルーマニアで「コールドマウンテン」の撮影中に出会い、約2年にわたって交際を続けていた。ゼルウィガーは「今は誰ともつきあっていないわ。興味がないのよ。いつも飛行機に乗っているか、撮影をしているかだもの」とマスコミに語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

■「サイコ」のジャネット・リー死去!

 「サイコ」のシャワー・シーンで有名なジャネット・リーが亡くなった。77歳だった。リーは1年ほど前から管脈炎を患っており、娘で女優のジェイミー・リー・カーチスとケリー・カーチスが見守る中、自宅で眠るように亡くなった。リーは編集後のシャワー・シーンを見た後、恐怖のあまり、しばらくシャワーは浴びられなくなり、風呂ばかり使っていたとインタビューで答えていた。合掌!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カポーティの「冷血」映画化!

 トルーマン・カポーティの小説「冷血」が映画化される。主演はサマンサ・モートン。殺人事件を調べるカポーティを、フィリップ・シーモア・ホフマンが演じる。「アダプテーション」のキャサリン・キーナー、クリス・クーパーも参加する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

■シャーリーズ・セロン、現場復帰!

 椎間板ヘルニアだった! -。シャーリーズ・セロンが新作「イオン・フラックス」の撮影現場に復帰することが決まった。同作品を撮影中にスタントで首を痛め、撮影は無期延期の状態となっていた。ケガは椎間板ヘルニアだったことが発表された。ロサンゼルスで治療した結果、ドクターからゴーサインがでた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチロー、年間262安打で終わる!

 大リーグ、マリナーズのイチローは3日、レンジャーズ戦に「1番・右翼」で先発し、2安打して今季の通算安打を262に伸ばすとともに、打率3割7分2厘で、2001年に続き3年ぶり2度目の首位打者を獲得した。今季80度目の複数安打で、締めくくった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■キッドマンと北野武、共演実現?!

 「2046」のウォン・カーウァイ監督の次回作は、ニコール・キッドマン主演の「The Lady From Shanghai」という1930年代の上海を舞台にした作品を予定している。北野武が「バッド・ガイ」役で候補に挙がっているもようだ。撮影は来年の2月に上海でスタートの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.03

■とてつもなく切ない「モンスター」!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2003年作品。アメリカ映画。109分。配給:ギャガGシネマ。監督=パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)。製作=マーク・ダモン、ドナルド・カシュナー、クラーク・ピーターソン、シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)、ブラッド・ワイマン。製作総指揮=アンドレアス・グロッシュ、スチュワート・ホール、サミー・リー、ミーガン・ライリー=グラント、アンドレアス・シュミット。脚本=パティ・ジェンキンス。撮影=スティーヴン・バーンスタイン。音楽=BT・BT。アイリーン・ウォーノス=シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)、 セルビー・ウォール=クリスティナ・リッチ(Christina Ricci)、トーマス=ブルース・ダーン(Bruce Dern)、スコット・ウィルソン、プルイット・テイラー・ヴィンス、リー・ターゲセン、アニー・コーレイ、マルコ・セント・ジョン、ババ・ベイカー

 「モンスター」(パティ・ジェンキンス監督)は、いたたまれない。とても切ない。アメリカ犯罪史上初の女性連続殺人犯で死刑執行されたアイリーン・ウォーノスの姿に迫るサスペンス・ドラマ。シャーリーズ・セロンがアイリーンを熱演、アカデミー主演女優賞に輝いた。ハリウッドを代表する美貌とスタイルを誇る女優が13キロ体重を増やして体型を崩し、眉を抜き、義歯を付け、荒れた肌の特殊メイクを施した。歩き方から話し方まで、全く変えてアイリーンに似せている。アイリーンは、幼児期から虐待を受け兄との近親相姦による妊娠・出産など悲惨な過去を持つ。娼婦の自分を蔑み、社会に絶望し、自殺を考えていたが、同性愛の少女セルビーと出会い、初めて愛される喜びを知る。そしてセルビーとの生活を守るため、客を殺してお金を奪い続ける。殺す方も殺される方も悲しすぎる。
 アイリーン役に挑戦したセロンを話題づくりと見るのは誤りだろう。彼女には、アイリーンに強い関心を持つ虐待という同じトラウマがあった。15歳のとき、家庭内暴力の絶えなかった父親を、正当防衛のために母親が射殺するという事件を経験していた。製作に名前を列ねていることが、彼女の並々ならぬ決意を示している。
 無垢で残酷なセルビーを巧みに演じたクリスティーナ・リッチも素晴らしい。セロンの変身をあざといと感じた人も、リッチの演技には感心したはずだ。
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (10)

■イチロー、年間安打260に!

 大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は2日、シアトルで行われたレンジャーズ戦で5回に中前打し、前日に自ら更新したシーズン最多安打記録を260に伸ばした。この日は1安打だけ。試合前には、年間安打の前記録保持者、ジョージ・シスラーの子孫やセリグ・コミッショナーらが出席し、イチローの新記録達成のセレモニーが行われた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■最もセクシーな映画俳優!

 納得いかない結果だなあ-。イギリスの雑誌“Empire”が行なった“史上もっともセクシーな映画スター・ベスト100”という人気投票で「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「キング・アーサー」のキーラ・ナイトレイが、アンジェリーナ・ジョリーやハリー・ベリー、マリリン・モンローを抑え1位に輝き、イギリスでの人気の高さを示した。男優の1位は総合でも3位となった「ロード・オブ・ザ・リング」のオーランド・ブルーム。
上位20人は次の通り。
 1.キーラ・ナイトレイ
 2.アンジェリーナ・ジョリー
 3.オーランド・ブルーム
 4.ハリー・ベリー
 5.ジョニー・デップ
 6.マリリン・モンロー
 7.ジェニファー・コネリー
 8.ヒュー・ジャックマン
 9.スカーレット・ヨハンソン
 10.ユマ・サーマン
 11.コリン・ファレル
 12.ポール・ニューマン
 13.マーロン・ブランド
 14.ナタリー・ポートマン
 15.ブラッド・ピット
 16.リタ・ヘイワース
 17.グレイス・ケリー
 18.モニカ・ベルッチ
 19.エリック・バナ
 20.ブリジット・バルドー

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.02

■写真家のR・アベドン氏死去!

 著名写真家のリチャード・アベドン氏が1日、テキサス州サンアントニオの病院で脳内出血による合併症のため死去した。81歳だった。ニューヨーク在住だが、撮影で訪れた同州で、入院していた。
 1923年ニューヨーク市出身。45年から65年まで米ファッション誌「ハーパーズ・バザー」、その後「ヴォーグ」のスタッフ写真家として活躍。20世紀のファッション写真界を変革したと評価された。真っ白の背景に被写体を浮き立たせ、隠れた個性を引き出す独特の手法で知られ、アンディ・ウォーホルやチャーリー・チャプリン、マリリン・モンローなど数多くの著名人の肖像写真を手掛けた。一方、公民権運動など社会性の高いテーマにも関心を持ち、ドキュメンタリー作品も残している。写真家とモデルのロマンスを描いたフレッド・アステアとオードリー・ヘプバーン主演の映画「パリの恋人」(57年)のモデルにもなり、作品の映像コンサルタントも務めた。99年には、歌手、宇多田ヒカルさんのCDジャケットの写真を担い、日本で話題になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■やった!!イチロー!!一気に新記録!!

 大リーグ、マリナーズのイチローは1日、レンジャーズ戦で257安打の年間最多安打記録を抜き、新記録を達成した。第1打席のレフト前ヒットに続き、3回の第2打席では2ストライク2ボールから真ん中低めのストレートを打って、84年ぶりに年間最多安打を更新する258本目のヒットとなった。 マリナーズベンチから選手が全員飛び出し、イチローをベース上で祝福。その後、イチローは観戦に訪れていたシスラーの長女のもとに駆けより、握手をした。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

■冨永愛 来春出産!


 人気ファッションモデルの冨永愛が、パリに住む20代の日本人男性と近く結婚することが1日、明らかになった。冨永は妊娠しており、来春出産する予定。今後も体調をみながら仕事を続け、出産後もモデル活動は続ける。神奈川県出身。高校時代にデビューし、ニューヨーク、ミラノ、パリなどで有名ブランドのショーに出演したほか、日本では女優として活躍している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■姫神、心不全で死去!

 シンセサイザー奏者の姫神(ひめかみ、本名・星吉昭=ほし・よしあき)さんが1日午前1時21分、心不全で亡くなった。58歳だった。宮城県出身。1981年にフュージョン・グループ「姫神せんせいしょん」の一員としてデビュー。84年からは、姫神の名でソロ活動を展開した。岩手県に拠点を置き、日本各地の民謡や世界の民族音楽の要素を取り入れた独創的なシンセサイザー音楽がを持ち味。「北天幻想」「姫神風土記」などのアルバムをヒットさせ、数多くのテレビ番組やCM音楽も手掛けた。欧州や中国での公演を実現させるなど、海外でも高く評価されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.01

■ジョン・トラヴォルタ、自伝の出版へ!

 先日、観た「キャリー」で若き不良を演じていたジョン・トラヴォルタ。彼が自らの人生とキャリアについて執筆した自伝が、2006年の秋にハイペリオン社から出版されることになった。トラヴォルタは、「今年は、人生で画期的出来事にぶち当たった年だ。50歳になった。もしもこれ以上待てば、2冊の本を書かなくちゃならなくなる」とコメント。「とても満ち足りた人生を送ってきたから、ぜひ誰かと分かち合いたいんだ」と語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチロー、記録まであと1!

 大リーグ、マリナーズのイチローは30日、オークランドでのアスレチック戦に「1番・右翼」で先発出場し、三回の第2打席に今季256安打目の右前適時打を放ち、年間最多安打記録(257本)にあと1本とした。5打数1安打。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »