« ■ほうき型乗り物開発! | トップページ | ■ソフトバンク、携帯参入表明! »

2004.09.06

■赤塚不二夫、幻の名作初単行本化!

 漫画家・赤塚不二夫の“幻の名作”「たまねぎたまちゃん」が、発表後37年を経てけやき出版から初単行本化、10日に発売される。「たまねぎたまちゃん」は、1967−69年に「小学一年生」(小学館)に連載。いたずら坊やのたまちゃんや、ガールフレンドのトマトちゃん、きゅうりのきゅうすけくん、ぼけなすくんらが繰り広げる心温まるストーリーで、「おそ松くん」などのギャグ漫画とは一線を画す「赤塚童話」と呼ばれた。
 1965年に娘の赤塚りえ子さんが誕生し、「子供が少しでも野菜を好きになってくれたら」という願いから生まれた作品。単行本には年表や作品解説も収録、また現在、英ロンドンでアーティストとして活躍する赤塚りえ子さんが装丁を手がけ、「父へのラブレター」なる文章も載せる。10日には、りえ子さんと赤塚氏夫人でフジオ・プロダクション社長の眞知子さんが東京・青梅市の「青梅赤塚不士夫会館」で出版会見を行う。

|

« ■ほうき型乗り物開発! | トップページ | ■ソフトバンク、携帯参入表明! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/1369750

この記事へのトラックバック一覧です: ■赤塚不二夫、幻の名作初単行本化!:

« ■ほうき型乗り物開発! | トップページ | ■ソフトバンク、携帯参入表明! »