« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

■「ベルセルク」27巻読了!

 29日に刊行された「ベルセルク」27巻を読み終えた。おおいなるクライマックスへの入り口という感じ。このところ、もちろん闘いはあるが、「ベルセルク」のテイストであるおぞましさよりも、途方もない展開を遠くにひかえたささやかな安らぎが印象に残る。ガッツとシールケの心の交流、ファルネーゼの心の軟化が描かれているからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■中田秀夫監督、「エンティティー」リメイク!

 そんなに、引き受けて大丈夫かなあ-。「ザ・リング」の続編を撮影中の中田秀夫監督が、FOXサーチライト製作の「エンティティー/霊体」のリメイクの監督も引き受けたことが明らかとなった。日本の一瀬隆重プロデューサーも製作総指揮として関わる。中田監督は「ザ・リング2」のほかにも、「OUT」のハリウッド・リメイクでも監督を予定されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.30

■「華氏451」のリメイク!

 「M:I−3」で脚本を担当したフランク・ダラボンが、レイ・ブラッドベリ原作「華氏451」のリメイクについてコメントしている。「私は「華氏451」の脚本を書き上げた。それは、いままで私が手掛けた中でベストの出来だと思う。「M:I−3」が片づいたら、すぐにでも製作に取り掛かかるつもりだ。なんと言ってもこれは私が9歳頃からずっと情熱を持ち続けていたプロジェクトなんだ。まだ一度も映画化されていない本の映画化と思って取り組んでいる」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■iPod miniが届いた!

 アップル・ストアに7月8日に注文したiPod miniが、30日に届いた。予約が殺到していると聞いていたので、もっと待たされるかと思っていた。アメリカで発売以来、ずっと待っていた製品だけに、とても嬉しい。色は、さんざん悩んだ末に、グリーンを選択したが、手にとってみると、癒し系の落ち着いた感触だ。iPod miniによって、生活のスタイルがどのように変化していくか。久しぶりにわくわくしている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■アーヴィン・S・イーワースJr.監督、事故死!

 宇宙からのゼリー状の生命体と人間の死闘を描いたカルト映画「マックイーンの絶対の危機」の監督、アーヴィン・S・イーワースJr.が、中近東で亡くなった。78歳だった。ヨルダンを車で旅行中に居眠り運転で事故を起こしたらしい。1958年に公開された「マックイーンの絶対の危機」(原題:「ザ・ブロブ」)のほとんどは、監督のペンシルバニアの裏庭で撮影された映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■永瀬正敏が監督DVD!

 俳優の永瀬正敏が脚本、監督、編集した「渇いた花〜four by four equal one」が、8月11日にDVD発売される。一人の女が自らの壁を破っていく姿を4人の女優を使って表現した53分の作品。市川実和子らが演じている。企画から3年半がかりで完成した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■発光するガラス壁発売へ!

 シャープは29日、太陽電池と発光ダイオード(LED)を一体化し、太陽光で発電し、それ自体が発光する半透明のガラス壁「Lumiwall」(ルミウォール)を開発、11月1日に発売すると発表した。透明ガラスと同じく昼間は太陽光を透過し、夜はLEDによる照明として使える。太陽電池と水銀不使用のLEDを採用して「地球に優しい新しい照明」をアピールしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■フランシス・クリック死去!

 DNAの「二重らせん構造」を発見し、ノーベル生理学・医学賞を受賞した英国の分子生物学者フランシス・クリック氏が28日夜、米カリフォルニア州サンディエゴの病院で死去した。88歳。大腸がんを患っていた。ジェームズ・ワトソン氏とともに「二重らせん構造」を解明し、1953年4月、英科学誌ネイチャーに発表。1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。2人の功績は20世紀最大の発見と評価された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■大容量ハードディスク実現へ!

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)や東京大、東北大などが、大容量ハードディスクの実現につながる画期的な素子の開発に成功した。「強相関」と呼ばれる状態の電子の磁気的性質をコントロールし、ハードディスクの読み出しヘッドに使う。実用化できれば、記憶容量が一気に10-100倍になる可能性もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ラランド・クレーターの隕石!

 スイス・ベルン大学など欧米の共同研究チームは、中東オマーンの砂漠地帯で2002年1月に見つかった隕石を分析した結果、月のラランド・クレーター(直径約25キロ)から飛来した可能性が高いと、30日付の米科学誌サイエンスに発表した。月からの隕石はこれまでに約30個見つかっているが、出所を特定できたのは初めて。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■アメナーバル監督の新作!

 「アザーズ」のアレハンドロ・アメナーバル監督の新作「アウト・トゥ・シー」は、ファインライン・フューチャーズが配給する。実話を基にしたスペイン語映画。30年にわたり安楽死と死ぬ権利を主張し続けたスペイン人、ラモン・サンペドロの人生を描く。主演はハビエル・バルデム。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.29

■「ハウル」がベネチア出品!

 宮崎駿監督の新作アニメ映画「ハウルの動く城」が、9月1日開幕の第61回ベネチア国際映画祭のメーンコンペティション部門に出品されることが29日に決まった。
 宮崎監督は「千と千尋の神隠し」で、ベルリン国際映画祭の最高賞「金熊賞」と米アカデミー賞長編アニメ賞を受賞しており、世界的に権威がある主要映画賞の“3冠”を目指す。日本では、11月20日公開の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■日本ホラー映画が世界へ!

 日本のホラー映画の元といわれる監督6人が6本の作品でそれぞれ競い合う「Jホラーシアター」が、10月から公開される。監督は、清水崇、中田秀夫、鶴田法男、高橋洋、黒沢清、落合正幸の6人。カンヌでのマーケティングで「Jホラーシアター」製作の噂を聞きつけた各国のバイヤーたちから配給元の東宝にオファーが殺到し、すでにアメリカ、イギリスなどをはじめ40か国での上映が決定している。6作品のうち第1弾の「感染」と「予言」。「予言」の主演女優で「呪怨2」にも出演している酒井法子は、製作記者会見で「ホラー・クィーンの道を歩くしかない」と語った。えらい!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ボンド映画のスーパーカー!

 映画の中に登場する、最も素晴らしい車を決める投票が行われ、1977年のボンド映画「007/私を愛したスパイ」に登場するロータス・エスプリが1位に選ばれた。海中にも潜ることができるスパイのスーパーカーは、1980年代のテレビシリーズ「ナイトライダー」に登場するK.I.T.T(キット)、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で時空を超えるデロリアンを抜いて首位に輝いた。続く4位、5位には、「バットマン」のバットモービル、「ミニミニ大作戦」のミニクーパーがランクインした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ロバート・ソレルズ殺人容疑!

 「ガンファイターの最後」などに出演していたロバート・ソレルズが、殺人容疑と殺人未遂容疑で逮捕された。ソレルズは、金曜日の閉店時間までバーで飲んだ後、土曜日の朝に忘れ物を捜しに戻ってきたが、午後になってまた現れたソレルズは、客に向かって突然発砲。男性一人が背中を撃たれ死亡し、もう一人の男性は顔と背中を撃たれ、病院に運ばれ重体だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ソニー、人工知能研究所設立!

 ソニーは7月28日、人工知能を研究する「ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所」を設立した。資本金5000万円をソニーが全額出資。AIBOなどソニーのロボット技術開発で知られる土井利忠特別理事が社長に就任する。ロボットを含むエレクトロニクス製品に応用可能な人工知能技術の研究に取り組む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.28

■「シティ・オブ・ゴッド」続編!

 2003年のアカデミー賞で監督賞他4部門にノミネートされたブラジル映画「シティ・オブ・ゴッド」の続編製作が決定したもようだ。タイトルは「City of Men」。前作の監督を務めたフェルナンド・メイレレスのパートナーであるPaulo Morelliがメガフォンを取るらしい。前作で主人公リトル・ゼの子ども時代リトル・ダイスを演じたダグラス・シルヴァと、同じく少年の一人を演じていたDarlan Cunhaが続編の主人公を演じる見通し。撮影開始は2006年の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■日本映画プロフェッショナル大賞!

 日本映画界において過小評価されている秀作や個人にスポットを当てることを目的に、日本映画のプロたちによる投票で決定される映画賞「日本映画プロフェッショナル大賞」の2003年度結果が発表された。松竹、東宝、東映の大手映画会社配給作品以外の独立系作品を対象としている。
★2003年度日本映画プロフェッショナル大賞 ベスト10
 第1位 「アカルイミライ」 (黒沢清監督 オダギリジョー主演)
 第2位 「ヴァイブレータ」 (廣木隆一監督 寺島しのぶ主演)
 第3位 「ジョゼと虎と魚たち」 (犬童一心監督 池脇千鶴主演)
 第4位 「ばかのハコ船」 (山下敦弘監督 山本浩司主演)
 第5位 「さよなら、クロ」 (松岡錠司監督 妻夫木聡主演)
 第6位 「赤目四十八瀧心中未遂」 (荒戸源次郎監督 寺島しのぶ主演)
 第7位 「六月の蛇」 (塚本晋也監督 黒沢あすか主演)
 第8位 「鏡の女たち」 (吉田喜重監督 岡田茉莉子主演)
 第9位 「美しい夏キリシマ」 (黒木和雄監督 柄本佑主演)
 第9位 「ナイン・ソウルズ」 (豊田利晃監督 原田芳雄主演)
 次 点 「ドッペルゲンガー」 (黒沢清監督 役所広司主演)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ウディ・アレン監督の新作プレミア!

 第52回サン・セバスチャン国際映画祭が、9月17日から同25日まで開催される。ウディ・アレン監督の新作「メリンダ・アンド・メリンダ」が、スペインのサン・セバスチャン国際映画祭でワールド・プレミア上映されることになった。ウィル・フェレル主演のロマンティック・コメディ。アレン監督は「スペインの人々は、いつも僕の映画をサポートしてくれた。サン・セバスチャン映画祭に出席できるのは光栄なこと」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■スピルバーグ製作総指揮新作!

 スティーヴン・スピルバーグ監督が、日米合作のアニメ「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」の実写版映画で製作総指揮を担う。2006年の夏に公開予定。監督候補には、「フォレスト・ガンプ/一期一会」のロバート・ゼメキス、「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ、「トルク」のジョセフ・カーンが上がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ニンテンドー DSに決定!

 任天堂は7月28日に、2004年のE3でタイトルも発表され話題を集めている新型携帯ゲーム機の名称を「ニンテンドー DS (英文表記:NINTENDO DS)」に決めた。ロゴと本体のデザインも発表。発売時期は日本とアメリカが2004年内、欧州が2005年1〜3月であることも決定した。2つの液晶画面を持ち、タッチパネルなど、今までの携帯ゲーム機にない機能を備える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ダイ・ハード4」始動!

 9・11の同時多発テロ事件以来、製作が困難になっていた「ダイ・ハード」シリーズだが、どうやら「ダイ・ハード4」が、始動しそうだ。監督は、シリーズ1作目と3作目を手がけたジョン・マクティアナンが最有力。ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンの娘が登場するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■俳優の下條正巳さん死去!

 また1人−。 「男はつらいよ」のおいちゃん役で知られた俳優の下條正巳(しもじょう・まさみ)さんが、25日午後3時55分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都世田谷区の自宅で死去した。88歳。長崎県壱岐市出身。葬儀は密葬で済ませた。喪主は妻嘉子(よしこ)さん。長男は俳優の下條アトムさん。
 新協劇団、劇団民芸などの舞台で活躍したほか、「花へんろ」などのテレビドラマや映画に出演、脇役として存在感を見せた。映画「男はつらいよ」では、第14作「寅次郎子守唄」(1974年)から、森川信、松村達雄に続く3代目のおいちゃんとして親しまれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■スカーレット・ヨハンソン新作!

 出演作がめじろ押し-。「ロスト・イン・トランスレーション」のスカーレット・ヨハンソンが、「サイレント・スター」へ出演することが決まった。俳優からサイレント映画の監督となり、アメリカ映画監督協会の会長に就任したウィリアム・デズモンド・テイラーが1922年2月に何者かに射殺された未解決事件の真相に迫る物語。監督は「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース、脚本は「私は『うつ依存症』の女」のラリー・グロスが手掛ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■話題のパリス・ヒルトン破局!

 プライベートビデオの流出で話題のパリス・ヒルトンが、恋人のニック・カーターと別れたことが明らかになった。ヒルトンのスポークスマンによると、仕事に集中するとのこと。カーターは別れた理由は「他の女性ともデートしたいし、パリスとの交際についてあること、ないことをマスコミ書かれるのにウンザリしたから」。ヒルトンは8月から初の主演映画となる「プレッジ・ジス」の撮影に入る予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ブリジット・モイナハン初来日!

 「アイ,ロボット」でヒロイン役を務めるブリジット・モイナハンが初来日し、都内のホテルで会見を開いた。モイナハンはモデル出身で、海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のナターシャ役で有名。共演のウィル・スミスについては「ウィルはカメラが回りだすと一変して役者の顔になるの。表情に深みがあって素晴らしいわ」と演技力を絶賛。私生活については「彼とはうまくいっているけど、まだプロポーズしてくれないわね」と気さくに答えた。次回作は、ニコラス・ケイジとイーサン・ホーク共演の「ロード・オブ・ウォー」を予定している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■故マーロン・ブランドのジャケット!

 ハリウッドの映画・テレビ番組関連アイテムのオークション会社、プロファイルズ・イン・ヒストリー社のジョセフ・マダレーナ氏が、故マーロン・ブランドが映画で着用したジャケット2着をオークションにかけている。1着はブランドがミュージカル映画「野郎どもと女たち」(1955年)でギャンブラーを演じた際に着たピンストライプのもの。もう1着は「南太平洋爆破作戦」(1965年)でのスポーツ・コート。2着とも、ブランドが7月1日に亡くなる前にオークションにかけられる予定だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.27

■中島らも公式ホームページ!

 中島らも公式ホームページにアクセスすると「すでにご存じの方もおられるかと思いますが、中島らもは7月15日深夜、出先の階段から転落し、その怪我の治療のため緊急入院することとなり、当面のライブ、執筆活動等を休止せざるを得ない状況となってしまいました。中島の活動を楽しみにして頂いていた皆様、 御心配、御迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。 中島の容態につきましては事務所より皆様へ、近日中に御報告させていただきますのでよろしくお願い致します」のコメントが。葬儀も済ませたのに、悲しすぎる。無頼派・中島らも、夭折と言っていい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■中島らもが脳挫傷で急死!

 まさに急死だ-。神戸市内で16日未明、酔って階段から転落し頭部を負傷していた中島らも(なかじま・らも=本名中島裕之=なかじま・ゆうし)が26日午前8時16分、脳挫傷による外傷性脳内血腫のため神戸市内の病院で死去した。52歳。兵庫県出身。葬儀は近親者で済ませ、後日「追悼ライブ」を開く予定。
 中島らもは、1980年代から新聞で「明るい悩み相談室」を始め、肩の力が抜けた軽妙な回答ぶりが話題を集めた。わかぎゑふさんらと劇団リリパット・アーミーを旗揚げしたほか、テレビ番組の構成やラジオのパーソナリティー、エッセイスト、ミュージシャンとしても活躍。アルコール性肝炎で入院した経験を生かして書いた「今夜、すべてのバーで」が1992年、吉川英治文学新人賞を受賞して本格的に小説に取り組んだ。1994年に「ガダラの豚」で日本推理作家協会賞を受賞している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■モトローラ携帯にiTunes!

 米アップルコンピュータは、音楽録音再生ソフト「iTunes(アイチューンズ)」の小型版をモトローラの携帯電話向けに提供する。同ソフトは、モトローラが2005年上半期に販売を開始する携帯電話の一部に搭載される。 アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)のビデオ会見によると、マックもしくはウィンドウズのパソコンユーザーは、「iTunes」のソフトや音楽販売サービスからモトローラの携帯電話に楽曲を移すことができる、という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■リアル、独自にiPod対応!

 リアルネットワークは26日、アップルがこれまで厳重に管理してきた技術に関する機密を解明したことを明らかにした。リアルネットワークのオンラインストアで購入した音楽はアップルの音楽プレイヤー「iPod」で再生可能となる。今回発表された新ソフト「Harmony」を利用することにより、同社のオンラインストアで販売されている音楽をiPodや、Microsoft製品に対応したiPodの競合製品など、多種多様な携帯機器で再生できるようになる。RealNetworksは今年1月から同社のデジタル音楽ストアで楽曲の販売を行ってきたが、これまでは、同社が扱う音楽ファイルをごく少数の携帯機器でしか再生できなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■キャメロン・ディアス降板!

 「マスク」以来のジム・キャリーとの再共演が予定されていた「おかしな泥棒ディック&ジェーン」のリメイク作に出演する予定だったキャメロン・ディアスが、スケジュールの都合で降板した。代役は、「ディープ・インパクト」のティア・レオーニが務める。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■「テキサス・チェーンソー」前日譚!

 「悪魔のいけにえ」をリメイクした「テキサス・チェーンソー」の前日譚にあたる続編が、シェルドン・ターナーの脚本で映画化される。軍人の兄弟が殺人鬼レザーフェイスに出会うストーリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■DVD「GANTZ」あと1か月!

 DVD「GANTZ Vol.1ネギ星人篇」「GANTZ Vol.2ネギ星人篇」の発売日8月25日まで、1か月を切った。¥6,090(税込)。奥浩哉原作、板野一郎 監督のアニメ。"ガンツ"が支配する世界に集められた死んだはずの人間たちは、ガンツの命じるまま、謎を抱えて謎の敵(星人)との殺し合いを余儀なくされる。ことし4月から6月にTV放映されたが、大幅のカットを余儀なくされた。今回のDVDに収録したオリジナル・バージョンでは未放映シーン、修正カットが全面的に復活する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.26

■ウェズリー・スナイプス新作!

 ウェズリー・スナイプスが、犯罪サスペンス「セヴン・セカンズ」に出演する。イギリス人女優タムジン・アウスウェイトが共演し、監督はサイモン・フェロウズ。脚本はマーティン・ウィラーが手掛ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■マイク・ミッチェル監督新作!

 マイク・ミッチェル監督の新作はウォルト・ディズニー・ピクチャーズの「スカイ・ハイ」。超人的能力を持った高校生たちの活躍を描くコメディ映画。カート・ラッセルとケリー・プレストンが、ヒーローとしての生活と普通の高校生としての生活の狭間で揺れる少年ジェレミーの親に扮する。「シービスケット」のマイケル・アンガラノがジェレミー役で共演する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「酒池肉林」由来の人工池!

 中国最古の王朝と確認されている殷(いん)(紀元前16世紀―同11世紀)の都があった河南省の「偃師(えんし)商城」遺跡で、1999年に発見された石造りの大規模な人工池の跡が、「酒池肉林」の由来となる、殷代の帝王の池だったのではという見方が有力視されている。司馬遷の「史記」などによると、暴君として知られる殷代の紂(ちゅう)王は池に酒を満たし、裸の男女を前に、池の酒を飲むという酒宴を行ったとされている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.07.25

■2億年前の火星隕石発見!

 中国が南極大陸で発見した火星からの隕石(いんせき)は約2億年前のもので、世界でこれまで発見されたうち最も新しい火星の隕石であることが分かった。火星の隕石は、火星に小惑星が衝突した際などに生じた岩石片が地球まで飛来したとされ、数十億年前の隕石も確認されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「エデンの東」リメイクへ !

 本当か?!-。「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード監督が、なんとジェームズ・ディーンの「エデンの東」(1955年)のリメイクを手掛ける。「クイズ・ショウ」のポール・アタナシオが脚本を担当し、ブライアン・グレイザーがプロデューサーを務める。よりジョン・スタインベックの原作に近いものになる。昨年、ブラッド・ピットが同作のリメイク権獲得に乗り出していると報道されたこともあったが、いまのところキャストに関しては一切明らかになっていない。ロン・ハワード監督は、ダン・ブラウン原作「ダ・ヴィンチ・コード」(角川書店)の映画化を控えているので、「エデンの東」リメイクの製作はその後になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■福井県に2億円の当選宝くじ!

 豪雨に見舞われた福井県に、1等の2億円が当選したドリームジャンボ宝くじが匿名の速達郵便で届いた。西川一誠・同県知事が24日、明らかにした。西川知事は「元気付けられる。復旧対策に頑張りたい」。災害見舞金として被災者支援に使う。西川知事は「本人に直接お会いしてお礼申し上げなければならないが、匿名なので会見で公表し、感謝申し上げたい」と謝意を表した。義援金と同じ扱いになるため、税金はかからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■非構造化Web情報の分析!

 IBMリサーチの研究施設では、WebFountainプロジェクトが進められている。インターネット上の膨大なデータを収集してデータマイニングの材料にする。構造化されたデータだけでなく、Blogや掲示板など、非構造化データも扱えるのが特徴。非構造化データの中にこそ、本当に興味のあるデータが眠っているというのがWebFountainの考え方だ。
 サイトをインデックス化し、ページ内のすべての単語にXMLでタグを付加し、単語固有の構造を明らかにし、相互の関連性を分析する、というのが流れとなる。ちなみに現在のタグの数は30億以上だ。unicodeを用いることで、英語圏以外のWebページについてもマイニングが行えるように作業を進めている。17時間をかけてインターネット上のWebページをクローリングし、データを蓄積する。Xeon3GHzを2個搭載したブレードサーバ「HS20」が256台クラスタ構成で設置されている。7月はブレードサーバの数を540台にまで、ストレージを640Tバイトまで拡張する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.24

■塩田明彦監督「ギプス」!

 ずっと気になっていた塩田明彦監督の「ギプス」を、レンタルDVDで観た。長谷川環を演じる佐伯日菜子と大下和子を演じる尾野真千子。二人の微妙な関係が、繊細に大胆に描かれている。切り返しの連続技が見事。大きな予算の作品ではないが、塩田明彦監督の演出の冴えは、さすがだ。単純なストーリーを無言の演技で魅力的に膨らませていく。相変わらず佐伯日菜子の個性的な存在感は気持ちが良い。尾野真千子も淡々としているようで、なかなかの演技派だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■少女と「箪笥」の中!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2003年作品。韓国映画。115分。配給=コムストック。監督・脚本=キム・ジウン。製作総指揮=チェ・ジェウォン。製作=オ・ギミン、オ・ジョンワン。撮影=イ・モゲ。照明=オ・スンチョル。編集=コ・インピョ。美術=チョ・グンヒョン。衣装=オク・スギョン。音楽=イ・ビョンウ。スミ=イム・スジョン、スヨン=ムン・グニョン、ウンジュ=ヨム・ジョンア、父ムヒョン=キム・ガプス、実母=パク・ミヒョン、ソンギュ=ウ・ギホン、ミヒ=イ・スンビ、医師=イ・デヨン、ファン院長=ノ・スンジン、チャン氏=ソン・イニョク、おばさん=イ・ヨンシル、チァンヌン幽霊、看護士=ウォン・エリ

 スティーブン・スピルバーグが史上最高額でリメイク権を獲得した究極の号泣ホラーという宣伝文句だったが、なんて退屈な始まり方なんだろうと思った。こけおどしが過ぎると思った。しかし中盤になると、本物の驚愕と恐怖が続けざまに襲ってきた。そうすると、それまでの展開が伏線であったことが分かりはじめる。木造家屋の手触りが、不思議な質感となって不気味に迫ってくる。怖いというよりも、すこぶる気味が悪い。

 俳優たちは皆上手い。スミ役イム・スジョン、スヨン役ムン・グニョンの二人は、少女の愛くるしい表情と恐怖におののく表情を使い分けていた。継母ウンジュ役のヨム・ジョンアが、特にすごい。笑っているだけで怖い。私は梅図かずおのマンガを連想した。
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■iPodminiに長蛇の列!!

 アップルコンピュータのハードディスク搭載型の携帯音楽プレーヤー「iPodmini」が24日、国内で発売された。東京都銀座の直営店「アップルストア銀座」には、新モデルを求める人々が朝早くから並び、午前10時の開店直前には約1500人が約400ートルの列を作った。先頭の客は前日の午後8時半から並んだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ ビール成分で白髪防止!

 資生堂は23日、ビール原料の“ホップ”から抽出した成分が、髪の色素を生む細胞を活性、増殖することを発見したと発表した。白髪を防ぐ可能性があるとして、同成分を配合した育毛剤を年内にも商品化する計画だ。
 髪の毛は、メラニンと呼ばれる色素の働きによって黒色になるが、老化などでメラニンを作る色素細胞の動きが鈍るなどして白髪になる。資生堂の実験では、ホップ抽出成分を入れて色素細胞を培養すると細胞の運動能力が高まり、増殖が活発化することがわかった。また、メラニン色素の合成の活性化に関与する遺伝子の発現量が増えることも、確かめられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■萩原健一が「散骨」初監督!

 俳優萩原健一が主演映画「散骨(仮題)」で、初めて監督を務める。高須基仁氏が書き下ろした自伝的小説「散骨」を映像化するもので、萩原が高須氏役を演じる。
1968年10月、夢の島で調達した30本の丸太をかかえて、防衛庁への突入を図った学生時代から、女優や財界人の愛人などを脱がせまくったヘアヌードプロデューサー時代までの高須氏を、デフォルメしながら描く。国生さゆりの出演も内定している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「WATARIDORI」!

 レンタルDVDで「WATARIDORI」(ジャック・ペラン監督)を観た。100種類以上の渡り鳥の生態を、制作費20億円、撮影期間3年をかけ、世界40か国以上をめぐって記録した作品。日本の丹頂鶴も出てくる。CGではないのに、どうしてこんなアングルで撮影できたのだろうと、最初は驚きの連続。そのうち、鳥たちとともに世界を回る視点に慣れてくる。その映像美を存分に味わう。えさを求めての旅とはいえ「渡り」は神秘的な習性だと思う。日本語のナレーションは安田成美が担当した。久世光彦の演出・脚本は、鳥たちを擬人化しすぎていて、ときにしらける。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■松岡正剛の千一夜!

 松岡正剛の千一夜は、ブライアン・グリーン「エレガントな宇宙」だった。題名が優美で骨がある本だ。
 「千一夜目をくっつけたのは、これはたんなる松岡正剛の「尾学」(びがく)、あるいは尻尾のついた「燕尾服」なんだと思われたい。その掉尾の一夜に何を書きたいかといえば、むろん書きたいものがいろいろあるのは当然だ。「千夜千冊」はそもそも何百冊もの“とりこぼし”や“とりおき”によって支えられているわけだから、書いてみたい本はいくらもあるのだが、けれども、嵐のようなカウントダウンのなかで、採り上げそこなった数ある“候補”のなかから、狙いすまして一冊を選ぶというのは、いまは遠慮しておきたい。それゆえ今夜は、源氏も心敬も啄木も白秋も一穂も三島も入らないし、デカルトもラシーヌもラフォルグもニーチェもドゥルーズも残余されたままになる。そのかわりに、今夜はとびきりの宇宙理論についての感想を、思いつくままに書いてみようと思っている。そうすることが、900夜くらいからずっと続いた東西古典回帰と日本イデオロギー議論をめぐる連打が体におぼえこませた残響を、ハウプトマンの沈鐘に変えてくれるだろうからだ」と書き出している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「隠し剣 鬼の爪」プレミア!

 8月4日に東京都丸の内の東京国際フォーラムで行われる山田洋次監督の時代劇第2弾「隠し剣 鬼の爪」(藤沢周平原作)の完成披露試写会は、邦画最大の規模で開催される。同日は山田監督の代表作「男はつらいよ」に主演した渥美清さんの命日。興収16億円、140万人を動員し第76回米アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされた「たそがれ清兵衛」超えを果たすため、邦画では型破りのスケールでのお披露目を計画していた。
 会場は国際フォーラムでも一番広い5000人収容可能なホールA。スクリーンは縦10メートル、横18・5メートルの巨大なものを使用。音楽を担当した冨田勲氏指揮によるオーケストラの生演奏で幕を開ける。スピーカー20台をスクリーン裏に設置し、さらに臨場感あふれる5+1チャンネル、サラウンドスピーカー30台が持ち込まれる。オーケストラ奏者は50人。ジャパンプレミアのために作曲された曲が10分間奏でられる。「愛と維新に向かう足音」をテーマにした序曲だ。この後、山田監督をはじめ、永瀬、松、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、小林稔侍、緒形拳ら出演予定者による舞台あいさつ。セミフォーマルの装いで花道から登場する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■寺島しのぶ、松本潤と不倫!

 「赤目四十八瀧心中未遂」(荒戸源次郎監督)で報知映画賞、日本アカデミー賞など昨年度の主演女優賞10冠を達成総した寺島しのぶが「東京タワー」(源孝志監督)で、松本潤と不倫する役を演じる。
 「東京タワー」は直木賞作家・江國香織の原作で男子学生2人(岡田准一、松本潤)がそれぞれ年上の既婚女性(黒木瞳、寺島しのぶ)と繰り広げる恋愛物語。寺島は姑(しゅうとめ)とも円満で家事もできる人妻・喜美子役。駐車場で車庫入れに苦労している際に警備のバイトをする学生・耕二と知り合い、恋におぼれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジェリー・ゴールドスミス死去!

 17作品がアカデミー賞にノミネートされ、「オーメン」でアカデミーオリジナル作曲賞を受賞した作曲家のジェリー・ゴールドスミスが死去した。75歳。ゴールドスミスは、「チャイナタウン」「エイリアン」「LAコンフィデンシャル」などの作曲を手がけた。エミー賞を獲得し、グラミー賞にもノミネートされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

■iPodmini人気カラー!

 7月24日から販売がスタートする「iPodmini」。大手量販店の店頭には予約が殺到している。売り上げランキングでもトップを独走。BCNは、全国の大手量販13社568店舗のPOSデータを集計した「BCNランキング」から、予約販売のカラー別人気ランキングを公表している。シルバーが34.3%でトップ。意外に健闘しているのがブルー28.5%。パステル調の微妙な色合いが男性、女性を問わず人気を呼んでいる。次いで、グリーン、ピンクが15%前後で競り合い、最後にゴールド7.3%という順位だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■血液型に合わせピロリ菌変化!

 胃の粘膜の細胞には、血液型によって異なる形の糖鎖が付いている。胃かいようの原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌の感染力が強いのは、宿主であるヒトの血液型に合わせて胃に結合するたんぱく質の型を調整する能力を持っているためであることを、スウェーデン、日本などの国際研究チームが突き止め、23日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。世界の全人口の半数以上が感染しているというピロリ菌の感染力のメカニズムが明らかになったのは初めて。治療薬の開発につながると期待されている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■塩田監督の新作「カナリア」!

 塩田明彦監督の新作「カナリア」は、オウム真理教の中で共同生活を経験した幼い子供たちのその後を描くドラマ。妹とともに教団施設で幼年期を過ごした主人公・光一役は、石田法嗣。父の暴力から逃れる少女・由希役は谷村美月。西島秀俊、りょうらが共演する。地下鉄サリン事件から10年となる来年に公開される予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■“サー”ベン・キングズレー!

 2001年にエリザベス女王によってナイト爵に叙せられたベン・キングズレー。アネット・ベニングと共演している新作「ミセス・ハリス」の撮影中も、キャストやスタッフに、“サー”をつけて自分を呼ぶよう要求している。“サー”を付け忘れて名前を呼ばれると、怒ったり、無視したり現場の雰囲気が悪くなる。撮影現場はしらけ気味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■マーク・フォスター監督新作!

 「チョコレート」のマーク・フォスター監督の新作は、IRS(アメリカ内国税歳入局)の監査員をしている主人公が、自分の考えや行動など全てを知っている声のせいで人生をめちゃくちゃにされるコメディ映画「ストレンジャー・ザン・フィクション」。脚本はザック・ヘルムが手掛ける。ウィル・フェレルが出演するもよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

■雲を作る植物プランクトン!

 植物プランクトンは、自分たちの必要に合わせて天候を変えられる-。NASAの地球科学部門から資金提供を受けて行なわれた最新の研究が、明らかにした。太陽の有害な紫外線がとくに強い日中、雲を形成する化合物を大量に放出する。この化合物は一連の化学的なプロセスを経て大気中に広がり、雲を形成する。その雲が、太陽からの紫外線を反射し、植物プランクトンを守る。
 ジメチルスルホニオプロピオン酸(DMSP)が重要な働きをしている。DMSPは植物プランクトンの細胞から出て水中に入ると、細菌によって硫化ジメチルに分解される。硫化ジメチルは、海水が蒸発するときに一緒に大気中に運ばれ、酸素と反応してさまざまな硫黄化合物を形成する。これらの硫黄化合物が結合して小さな塵となり、水分の凝縮を促して、最終的に雲が形成される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■漫才の星セントさん死去!

 「田園調布に家が建つ!」などのフレーズで1970年代末期の漫才ブームの先駆けとなった元漫才コンビ、セントルイスの星セント(ほし・せんと、本名村山袈裟夫=むらやま・けさお)さんが、22日午後0時28分、肺がんのため東京都世田谷区の病院で死去した。56歳。告別式は28日午前10時から東京都大田区東海1の3の1の臨海斎場でとりおこなわれる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■中野孝次氏が死去!

 「清貧の思想」などで知られる作家でドイツ文学者の中野孝次(なかの・こうじ)氏が16日午後3時、肺炎のため神奈川県鎌倉市の病院で死去した。79歳。千葉県市川市出身。故人の遺志により近親者のみで密葬を済ませた。喪主は妻秀(ひで)さん。連絡先は、横浜市中区山手町110の県立神奈川近代文学館。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■「マッハ!」、いよいよ公開!

 ことしの夕張国際映画祭で、観客を驚かせた「CGなし、ワイヤーなし、早回しなし!」のムエタイ・アクション・ムービー「マッハ!」が、いよいよ7月24日から劇場公開される。スタント・チームを連れて来日した主演のトニー・ジャーは、ガッツ石松と対談。ガッツは「30年前、世界タイトルでムエタイからボクシングに転向してきたボクサーに敗北したんだよね」との現役時代の話にトニー・ジャーが「その話はよく知っている」と答えた。ガッツは「あんたいくつ?」と若いトニー・ジャーに聞き返し、「僕自身が見たわけではありません。聞いた話です」と答えると「あ、そうか、そうだよね、若く見えるけど、老けてるのかと思ったよ」と会場を爆笑させた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■パルトロウ針治療にはまる!

 ケイト・ウィンスレットが以前に所有していたことのあるノースロンドンの家をグウィネス・パルトロウが450万ドルで購入した。専属の鍼灸師の元で針治療を受けているパルトロウは、通院に便利だという理由で購入したらしい。先日は、真空吸着療法の一種であるカッピングによる丸いアザを背中につけたパルトロウが目撃されており、今度は針にはまっていると噂されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「高慢と偏見」のキャスト!

 TV界出身のジョー・ライトが監督する「プライド・アンド・プレジュディス」の出演者が、出そろった。主人公エリザベスを演じるキーラ・ナイトレイのほか、ドナルド・サザーランドとジュディ・デンチ、マシュー・マクファーデン、ブレンダ・ブレッシン、ペネロープ・ウィルトンらが共演する。ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」の映画化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジョン・ガラガー新監督!

 「夏休みのレモネード」を生んだマット・デイモンとベン・アフレック発案によるオンライン脚本コンテスト「プロジェクト・グリーンライト」とウェス・クレイヴン監督がコンビを組んでホラー映画を製作する。脚本はパトリック・メルトンとマーカス・ダンスタンによる「プロジェクト・グリーンライト」の第3回優勝作品「フィースト」。場末の酒場を人食いモンスターが襲う物語。監督は新人のジョン・ガラガー。デイモンとアフレック、クレイヴン監督がプロデュースする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アントニオ・ガデス死去!

 フラメンコの舞踊家アントニオ・ガデスが20日、がんのため入院先のマドリード市内の病院で死去した。67歳だった。カルロス・サウラ監督のフラメンコ映画シリーズへの出演で有名だ。
 スペイン南東部アリカンテの出身。1964年に自身の舞踊団を結成し、1978年にスペイン国立バレエ団の創立メンバーとして芸術監督に就任。ガルシア・ロルカの戯曲「血の婚礼」やプロスペル・メリメの小説「カルメン」を原作とする演目で知られ、世界各地の権威ある劇場などで海外公演を行った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.21

■ヨーグルト味飲むおにぎり!

 ポッカコーポレーションは、米を主原料にしたヨーグルト風味のゼリー飲料「ポッカGOHADY(ごはんディ)エナジーサポート」を7月26日に発売する。容器は、新開発したおにぎり型ソフトパウチ。価格は210円。
 長野県産コシヒカリ由来100%の糖化液が主原料で、消化吸収が良い上、体内で素早くエネルギーに変えることができる。その他の原料も発酵乳や寒天、こんにゃくなど天然素材のみを使い、海洋深層水でミネラルを、米ぬか抽出液でビタミンBを補った。1食当たり98Kカロリー。7月26日に関東地区のam/pm限定で先行販売。さらに8月中旬からフィットネスクラブ「セントラルスポーツ」全国160カ所でテスト販売し、順次全国に販売を拡大する計画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ホビットの冒険」映画化へ!

 MGMの買収問題は、最初に名乗りを挙げたソニーが有利と言われていたが、ここにきて、タイム・ワーナーが逆転しそうな勢いだ。タイム・ワーナーが、ソニーが提示した条件よりもシンプルで有利な条件を提示したのがその理由だが、もし実現した場合、タイム・ワーナーには思わぬボーナスが転がりこむ。「ホビットの冒険」の映画化権は、タイム・ワーナー傘下のニューライン・シネマが所有するものの、その配給権をMGMが所有していることが映画化の障害となっていた。タイム・ワーナーがMGMの買収に成功すれば、「ホビットの冒険」は完全にニューラインのものになり、ジャクソン監督にとっての障害もなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■新入生1650人にiPod配布!

 ノースカロライナ州ダラムの デューク大学は、学内におけるテクノロジーの積極的な活用を促進するプロジェクトの一環として、この秋に入学する新入生1650人に無料でiPod(アイポッド)を配布すると明らかにした。8月19日には20GBのiPod(小売価格299ドル)が新入生に配布される予定だが、これにはオリエンテーション情報、行事予定、応援歌などがプレロードされる。大学側がiTunes(アイチューンズ)を模して作った専用ウェブサイトから、授業内容や講義の録音、外国語の授業、オーディオブック、音楽などを自分でiPodにダウンロードできる。一部のクラスでは、フィールドワークの間に音声メモを録音するためのボイスレコーダーも配布される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ウルトラマン14作目!

 「ウルトラマンネクサス」が10月2日からTBS系で始まる。1966年に「ウルトラQ」がスタートして38年。テレビシリーズとしては2001年7月の「ウルトラマンコスモス」以来の新作で14作目。ウルトラマンが戦うのは時空のゆがみに出現した異次元ワールド「メタ・フィールド」。その空間ではウルトラマン自体も銀色の「アンファス」から赤の「ジュネッス」に変身する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「さゆり」の映画化が進行!

 アーサー・ゴールデンの人気小説「さゆり」の映画化が、ようやく実現する。スピルバーグの監督前提でスタートしたが、スパイク・ジョーンズ(「マルコヴィッチの穴」)、キンバリー・ピアース(「ボーイズ・ドント・クライ」)が監督の候補になり、最終的に「シカゴ」のロブ・マーシャル監督に落ち着いた。9月にクランクイン、全米公開は2005年の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■シュワ、オーストリア切手に!

 オーストリアでアーノルド・シュワルツェネッガーの記念切手が発行される。スーツ姿のシュワルツェネッガーと、背景にアメリカ国旗とオーストリア国旗が描かれたデザイン。1.25ドルの切手が、彼の57歳の誕生日7月30日に発売される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

■IPテレビ電話機発売!

 NTT東日本と西日本は20日、定額制のインターネット接続サービス「フレッツ」に対応したIPテレビ電話機「フレッツフォンVP1000」を9月1日に発売すると発表した。パソコンがなくても、簡単な操作で割安に通話できる。液晶画面とマイク、カメラなどが一体で、画面に触れて操作する。現在主流のパソコン型のテレビ電話のように、専用カメラを設置するわずらわしさがない。利用者は、光ファイバー回線を使う「Bフレッツ」か「フレッツ・ADSL(非対称デジタル加入者線)」の契約が必要になる。価格は6万2790円。通常のパソコンとの通信もできるほか、半年以内にNTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA」とのテレビ電話も可能にする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■太古の海で生物調査開始!

 海底山脈などで周辺海域から長年にわたって隔てられ、太古の海の状態が保存されているといわれるアラスカ沖・北極海の深海底「カナダ海盆」で、欧米やロシアの科学者チームが、8月から生物種の大規模調査に乗り出す。海底山脈の切り立った地形に囲まれた穴のような構造に加え、上部は氷で覆われているため、生物は少なくとも数100万年前からほぼ孤立した状態にある。10年計画で進行中の「海洋生物センサス(国勢調査)」の一環。進化から取り残された珍しい生物が多数発見される可能性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「M:I-3」新鋭監督降板か!?

 トム・クルーズによって「ミッション:インポッシブル3」の監督に大抜擢されたハリウッド期待の新鋭ジョー・カーナハンは、、同作の監督を降板したもようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「宇宙戦艦ヤマト」復活!

 アニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」が、約20年ぶりに復活する。新作の「宇宙戦艦ヤマト 復活編(仮題)」は、前作から20年後という舞台設定。2006年夏に劇場公開される。西崎義展氏が原作、プロデューサーは仙頭武則氏。
 宇宙戦艦ヤマトは1974年にテレビ放映、77年に第1作が劇場公開され、230万人を動員。翌年には続編「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は、400万人を動員する大ヒット作となった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■「華氏911」に捧げた歌で混乱!

 週末のラスベガスのカジノのショーで、歌手のリンダ・ロンシュタッドがマイケル・ムーア監督とドキュメンタリー映画「華氏911」に捧げた歌を披露し、大混乱になった。ロンシュタッドは17日の夜、監督と、ブッシュ大統領と米主導のイラク戦争を痛烈に批判した「華氏911」に敬意を表して「Desperado」を歌った。この曲を聴いて一部の客が怒り出し、ドリンクをぶちまける客やポスターを破る客、金を返せと要求する客も現れた。最終的には、4500人の客のうち、およそ4分の1が曲が終わらないうちに席を立ったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■体内時刻、簡単に測定!

 睡眠や血圧など約24時間周期で変わる生理機能の体内時刻を、100個の遺伝子の働きを調べて2、3時間で簡単に測定する方法を、山之内製薬や北海道大などの共同研究チームが開発した。不眠症などの診断に役立つほか、抗がん剤などを最も治療効果が高く、副作用が少ないタイミングで投与するのに応用できる。
 マウスの肝臓で働く遺伝子のうち、働きが時間につれて大きく、はっきり変動する遺伝子168個を特定し、うち100個の状態をDNAチップで調べれば、体内時刻を精度良く測定できる。今後は、人間の白血球や口内粘膜を使って測定方法を確立。体内時刻のデータベースも構築する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カルロス・クライバー死去!

 クラシック音楽界で伝説的存在となっていた指揮者のカルロス・クライバーが、13日に母親の出身地スロベニアで死去した。74歳。
 1930年、オペラ指揮の巨匠・故エーリヒ・クライバーの息子としてベルリンで生まれた。父親がナチスに抗議したため、1935年にアルゼンチンに脱出。1954年にドイツ・ポツダムで指揮者デビュー。ドイツやスイスの歌劇場で活躍、流麗で劇的な指揮で名声を確立した。1970年代にたびたび来日。1994年のウィーン国立歌劇場との歌劇「ばらの騎士」の共演は、歴史に残る名演とされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■高気圧カプセルで疲労回復!

 川崎エンジニアリング(神戸市長田区)は、カプセル内の人間に大気圧(1気圧)より高い1.3気圧の清浄な空気を送り込むことで、血液中の酸素を増加させる空気チャンバー「ドリームプラス」を開発、発売した。細胞が活性化、疲労回復や老化防止などに役立つ。大きさは、直径65センチ、長さ210センチ。素材にはポリウレタンとナイロン繊維の複合材を使用。空気漏れをなくすため特殊な二重ファスナーを採用した。価格は380万円。主にスポーツ施設やエステサロン、健康施設に販売する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■英国古典叙事詩を映画化!

 イギリスで最も古い叙事詩といわれている「ベオウルフ」が、映画化される。中世イギリスを舞台に英雄ベオウルフの冒険を描く。「指輪物語」のトールキンにも影響を与えたと言われている。ホラー的な要素も備えた作品になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.19

■第4世代iPodが発売!

 第4世代のiPodが発売される。iPod miniで初めて採用されたクリックホイーを新たに装備し、バッテリー駆動時間は最長12時間に拡大。重さは158gとスリムになった。20GB(33,390円、本体価格:31,800円)と40GB(44,940円、本体価格:42,800円)の2つのモデル。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 2004年作品。アメリカ映画。142分。配給=ワーナーブラザーズ。監督=アルフォンソ・キュアロン(Alfonso Cuaron)。製作=デヴィッド・ヘイマン。製作総指揮=マイケル・バーナサン、クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ、カラム・マクドゥガル。原作=J・K・ローリング(J.K. Rowling)。脚本=スティーヴ・クローヴス。音楽=ジョン・ウィリアムズ。撮影=マイケル・セレシン。編集=スティーヴン・ワイズバーグ。ハリー・ポッター=ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)、ハーマイオニー・グレンジャー=エマ・ワトソン(Emma Watson)、ロン・ウィーズリー=ルパート・グリント(Rupert Grint)、ルビウス・ハグリッド=ロビー・コルトレーン(Robbie Coltraine)、シリウス・ブラック=ゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)、アルバス・ダンブルドア=マイケル・ガンボン、ミネルバ・マクゴナガル=マギー・スミス、セブルス・スネイプ=アラン・リックマン、ルーピン先生=デイビッド・シューリス、ドラコ・マルフォイ=トム・フェルトン、ネヴィル・ロングボトム=マシュー・ルイス、スプロウト先生=ミリアム・マーゴリーズ、ミスター・ウィーズリー=マーク・ウィリアムズ、フリットウィック先生=ワーウィック・デイヴィス、ミスター・フィルチ=デヴィッド・ブラッドリー、コーネリアス・ファッジ=ロバート・ハーディ、トレローニー先生=エマ・トンプソン

 これまでの「ハリー・ポッター」シリーズを、お子さまランチ、おせち料理と評してきたが、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」はひと味違う個性を発揮していた。やや展開が早すぎるものの、ドラマティックな力強い作品になっている。アルフォンソ・キュアロン監督は、「ハリー・ポッター」を見事な青春映画に仕上げた。
 始まってすぐのバスのシーンは、一昔前のティム・バートンのおふざけを連想させて楽しい。ハリー・ポッターに襲いかかるディメンダーは、観ている者が怖くなるほど無気味だ。ハーマイオニーが人前でキレ、ハリーは殺意を抱くほど怒りをあらわにする。確かに、これまでとは違う。お行儀が悪い。そして、全体に暗めの色調もミステリアスな雰囲気を盛り上げていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ロメロ監督のゾンビ最新作!

 長年にわたって凍結されていたジョージ・A・ロメロ監督の「リビング・デッド」シリーズの第4作だが、10月から撮影が始まる予定だ。タイトルは「Land of the Dead」。「死霊のえじき」の数年後が舞台になる。生き残った人々は、ゾンビを避けるために築かれた巨大な壁に囲まれた都市に暮らしている。しかし進化したゾンビの攻撃が続いている...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■千夜千冊達成パーティ!

 松岡正剛が、7月7日に千夜千冊を達成したことを記念したブックパーティが、24日午後3時から原宿・クエストホール(東京都渋谷区神宮前1-13-14)で開催される。著者の方々や、千夜千冊伴走者の皆さんも登場。記念トークと交流を楽しむプログラムを用意し、登場した著者や千夜千冊伴走者たちも参加する。「連志連衆會」とともに準備を進めている「図書街」や「超学校」などの構想、いよいよ動き出す「千夜千冊出版」と「千夜千冊本棚」の二つの計画について報告する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

■「いかレスラー」世界進出!

 新日本プロレスの西村修主演映画「いかレスラー」(河崎実監督)がハワイ国際映画祭とカナダ・ファンタジア映画祭に招待されることが決まった。いかレスラーがたこレスラーやしゃこボクサーとシーフードバトルを繰り広げる実写版痛快コメディー。CGを一切使わずに、着ぐるみが真剣にぶつかり合う体を張った演技だ。
 ハワイ映画祭は1999年に「もののけ姫」、2003年「たそがれ清兵衛」が、カナダ・ファンタジア映画祭には「あずみ」が招待を受けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「スチームボーイ」続編決定!

 「スチームボーイ」映画パンフのインタビューで、大友克洋監督が次作について聞かれ「スチームガール」と答えていた。冗談言って、と思っていたが、冗談ではないらしい。「スチームボーイ」の続編が製作されることが早くも発表された。続編は、成長したレイがさらに活躍するものや、ヒロインが「スチームガール」として活躍するなどの構想で、長期シリーズ化も視野に入れている。バットマン・シリーズみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■19人連続殺害の容疑者拘束

 「殺人の追憶」以上だな-。韓国の警察当局は18日、ソウルで昨年秋以降計19人を相次いで殺害した容疑で、無職の男を拘束したと発表した。老人や女性を無差別に殺害、韓国民を恐怖に陥れていた事件は解決に向かったが、国内には「過去最悪の連続殺人」の衝撃が広がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■漫画家・鈴木義司氏死去!

 読売新聞夕刊漫画「サンワリ君」で世相を風刺し続けた漫画家、鈴木義司(すずき・よしじ)氏が7日午後2時45分、悪性リンパしゅのため、東京都港区の慈恵医大附属病院で死去した。75歳。家族のみで密葬を行う。喪主は妻、英子(えいこ)さん。
 「サンワリ君」は1966年6月から連載開始。お調子者だが憎めない万年平サラリーマンの視点から、社会世相を庶民的な笑いにくるんで風刺した。連載38年間、1万1240回は、新聞漫画では毎日新聞夕刊に連載された加藤芳郎氏の「まっぴら君」に次ぐ長期記録。その他の代表作に「キザッペ」「ケロリ子ちゃん」「ペエペエのペエスケ」など。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.17

■「スチームボーイ」に駆け付けた!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2004年作品。日本映画。126分。配給=東宝。監督・原案・脚本=大友克洋。脚本=村井さだゆき。総作画監督=外丸達也。エフェクト作画監督=橋本敬史。美術監督=木村真二。CGI監督=安藤裕章。演出=高木真司。テクニカルディレクター=松見真一。デジタルコンポジット=佐藤光洋。編集=瀬山武司。音楽=スティーブ・ジャブロンスキー。音響監督=百瀬慶一。レイ=鈴木杏、スカーレット=小西真奈美、ロイド=中村嘉葎雄、エディ=津嘉山正種、ロバート=児玉清、デイビッド=沢村一樹、サイモン=斉藤暁、アルフレッド=寺島進

 待ちに待ったという表現は良く使われるが、「スチームボーイ」ほど、ぴったりの作品は、そう多くない。企画立案から10年。製作期間9年、総製作費24億円。ついに大友克洋監督の劇場長編アニメが公開された。17日公開初日というのに、劇場はガラガラだった。どういうわけだ。アニメの世界的な記念碑「AKIRA」から、あまりにも時間が経ってしまったためだろうか。
 世界で初めての万国博覧会が開催されようとしていた19世紀半ばのイギリスが舞台。発明家という家系に育ったレイ少年は、世界を変える力を持つ驚異的な発明品「スチームボール」を手にする。そこから、スケールの大きな冒険活劇が始まる。手描きとデジタル技術を融合させた繊細きわまりない映像は、たしかに素晴らしい。実に丁寧に作り上げたことが分かる。しかし、「AKIRA」のような、あっと驚く映像美に出会うことはできなかった。
 ストーリーも「子ども向け」を狙い過ぎている。「子供に夢を与える作品を作りたかった」と大友監督は話しているが、物語を単純化するだけでは、逆にインパクトが薄れる。もっと大胆な映像表現で、ねちっこく描いても良かった。音響も技術的には進歩しているが、ハリウッド的過ぎて大友らしくない。「AKIRA」での芸能山城組の参加のような斬新さがほしかった。全体に、ハリウッドや世界市場狙いが見え透いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「十戒」3度目の映画化!

 現在のCGなら、迫力十分だとは思うけれど-。メル・ギブソン監督・製作による宗教映画「パッション」が大成功したので、、パラマウント・ピクチャーズは「十戒」の3度目の映画化を計画している。マーク・ゴードンが製作に当たり、「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」のチャールズ・ランドルフが脚本を担当するもよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■広島市でアニメ展始まる!

 原画やセル画を展示し、アニメ音楽のコンサートを開いたりする「広島アニメーションビエンナーレ2004」が7月17日から9月5日まで広島市現代美術館で開かれている。8月に開かれる「第10回広島国際アニメーションフェスティバル」と時期を合わせ、広島の財界人らが企画。新作映画「スチームボーイ」(大友克洋監督)などの原画やセル画も展示している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■大林監督、16年ぶりプロモ!

 大林宣彦監督が、今春デビューした新人男性デュオ「CANCION(カンシオン)」のために音楽作品を手がけた。2人の音楽性と熱意にうたれ、セカンドシングル「嘘つき」(8月4日発売)を題材にしたCANCION主演の短編映画(約10分)とプロモーションビデオ(PV)を製作。故郷・尾道でのロケは、新尾道3部作の第3作「あの、夏の日〜とんでろじいちゃん」以来約6年ぶり。大林監督が自作映画とは無関係の音楽作品を手掛けたのは、KANの「BRACKET」のPV以来16年ぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■クリス・カーター監督の新作!

 「X-ファイル」のクリス・カーター監督は、パラマウント・ピクチャーズの「ア・フィロソフィカル・インベスティゲイション」を監督する。フィリップ・カーのベストセラー小説「殺人探求」の映画化。犯罪を起こしやすい脳を持った人物の登録が義務付けられている近未来で起きる連続殺人事件を描く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

■フラワースピーカー開発!

 エフエム東京グループの衛星デジタルラジオ局・ミュージックバード(東京)と通信機器メーカーのレッツコーポレーション(名古屋)は16日、生花をスピーカー代わりに振動させて音を出すシステムを開発したと発表した。花瓶に入るなら、どんな花でも聞こえる。8月中にも発売する。価格は振動させるための花瓶とアンプのセットで約10万円程度になる見込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■エミー賞ノミネート作品!

 第56回エミー賞のノミネート作品が発表された。ミニシリーズ部門では「エンジェルズ・イン・アメリカ」が21部門でノミネートされた。ベストドラマでは「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」が20部門、ベストコメディでは放送が終了した「セックス・アンド・ザ・シティ」が11部門でノミネートを獲得した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■30年ぶりの水星探査!

 NASAは15日、水星を周回しながら探査する初の無人探査機「メッセンジャー」を来月打ち上げると発表した。水星探査は約30年ぶり。打ち上げは8月2日から中旬までの間の予定で、地球や金星の重力の助けで加速しながら約79億キロを飛び、2011年3月に水星の周回軌道に乗る。水星表面の成分や磁気圏の活動などを記録する7種類の観測機器を搭載。水星の赤道付近で約450度にも達する太陽の高熱から機器を守るため、耐熱セラミック繊維製の防護板も備えている。探査期間は約1年。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■エディアカラ生物群!

 カナダ東部にあるニューファンドランド島沿岸部の5億6000万〜5億7500万年前の地層から、謎が多い「エディアカラ生物群」の非常に保存状態が良い化石が見つかった。エディアカラ生物群は、現在の動物の大半の祖先がカンブリア紀(約5億4000万年前から)に出現する前に繁栄した。形はシダの葉にそっくりで、海藻のように海底に「生えて」いたとみられるが、動物に分類される。葉の茎のように見える部分の直径が1〜5ミリ。平面ではなく、立体的に保存されており、身体構造や生態を解明する手掛かりになると期待される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■タランティーノとコッポラ交際!

 やはり、本当だったのか-。ソフィア・コッポラ監督と、クウェンティン・タランティーノ監督が交際中であることを、双方のスポークスマンが認めた。コッポラは、「マルコヴィッチの穴」を監督したスパイク・ジョーンズと結婚していたが、昨年の12月に離婚をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■トミー・ジョーンズが監督!

 トミー・リー・ジョーンズが、「ザ・スリー・ベリアルズ・オブ・メルキアデス・エストラーダ」を監督、主演する。ジュリオ・シーザー・セディーロが共演する。牧場労働者が、死んだ友との約束を果たすために、友人の死体を故郷メキシコに埋葬する物語。「21グラム」のギジェルモ・アリアガが脚本を手掛ける。撮影は9月中旬からテキサス州で行われる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ニキ・カーロ監督の新作!

 「クジラの島の少女」のニキ・カーロ監督が、シャーリズ・セロン主演のドラマ「クラス・アクション」に取り組む。アメリカで初めて成功したセクハラ起訴の物語。フランシス・マクドーマンドが、セロンの友人役を演じるもよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.15

■小泉首相、必ず観なさい!

 「人生いろいろ」の小泉首相は、必ず「華氏911」を観なければならない。マイケル・ムーア監督の問題作が、いよいよ8月14日に恵比寿ガーデンシネマで公開される。配給元はギャガ・コミュニケーションズ。8月21日から全国でも拡大公開される。映画を観た小泉首相は「映画もいろいろ」なんて言わないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■第131回芥川、直木賞決まる!

 第131回芥川賞、直木賞の受賞作品が決まった。芥川賞にはモブ・ノリオさんの「介護入門」(文学界6月号)が、直木賞には奥田英朗さんの「空中ブランコ」(文芸春秋)と熊谷達也さんの「邂逅(かいこう)の森」(同)が選ばれた。熊谷さんは「邂逅の森」で、第17回山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)を受賞しており、同一作品で同賞とのダブル受賞は史上初めて。贈呈式は8月20日午後6時から、東京都丸の内の東京会館で開かれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「死んだふり」ウイルス!

 「Atak」という最新の大量メール送付型ワームは、ウイルス対策ソフトがPCをスキャンしていることを察知すると、活動を停止して身を隠す。 ウイルス検知ソフトを避けるため、何層にも暗号化されているワームはよくあるが、このワームはそのレベルをはるかに超えている。自分が分析されていると感じると、活動を停止して自ら終了する。このワームの完全な機能はまだ分析されていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■布袋寅泰iTunesで快挙!

 ギタリスト布袋寅泰の新アルバム「ELECTRIC SAMURAI」が、アップルのインターネット音楽配信サービスiTunes Music Storeのダウンロードチャートで総合17位、ロックアルバムでは6位に入る快挙を達成した。邦人アーティストのチャートインは初めて。
 同アルバムは日本、韓国、英国、ロシアで発売されたが、米国で未発表である上に、米国内では実績のないミュージシャンの作品が突然大ブレークしたことに全米中の音楽関係者が驚いている。大ヒット映画「キル・ビル」のテーマ曲が収録されているが大きかった。米EMIでは「米国の音楽市場でCD発売前にデジタル配信で実績をあげたアーティストは初めて」と高く評価している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■女優マリア・ベロが新作か!

 デヴィッド・クローネンバーグが監督、ヴィゴ・モーテンセン主演の新作「ア・ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス」に、「ペイバック」「コヨーテ・アグリー」のマリア・ベロがモーテンセンの妻役で出演するかもしれない。モーテンセンは、自衛のために人を殺してしまい、世間に注目される父親を演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「スーパーマン5」監督交代!

 「スーパーマン」シリーズ5作目の監督が、「チャーリーズ・エンジェル」のマックジーから、「X-メン」シリーズのブライアン・シンガーに交代するようだ。降板理由はスタジオ側と監督との間の意見の違いで、ニューヨークで撮影したいマックジー監督に対してスタジオ側はオーストラリアでの撮影を希望していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■女優ドロシー・ハート死去!

 1948年のアカデミー撮影賞を受賞した「裸の町」(ジュールス・ダッシン監督)に出演していたドロシー・ハート(Dorothy Hart)が死去した。82歳。コロンビア・ピクチャーズ主催のカバーガール・コンテストで優勝し、モデルから女優に転身。1952年には、アメリカのトップ10女優に選ばれ「ターザンの憤激」にも出演していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.14

■Inside Deep Throat!

 ユニバーサル・ピクチャーズは、ブライアン・グレイザープロデュースによるドキュメンタリー作品「Inside Deep Throat」の配給にゴーサインを出したようだ。リンダ・ラヴレースが主演した有名な「Deep Throat」に焦点を当て、1972年当時の社会に与えたインパクトを多角的に検証する。監督は「パーティ★モンスター」のフェントン・ベイリー&ランディ・バルバート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■作家中上紀がソウルで事故!

 故中上健次氏の長女で作家の中上紀が、取材先の韓国・ソウルで交通事故に遭い、全治6週間の重傷を負った。11日深夜から12日未明ごろ、乗っていたバスが追突された。下半身部分の骨を折り、現在、ソウル市内の病院に入院している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■エバンズ・コレクションか!

 ビートルズに関するお宝が詰まったスーツケースが、オーストラリアののみの市で50豪ドル(約4000円)で売られていた。発見されたスーツケースには、エバンズ氏の名前が書いてあった。中身は、写真や「非公開」と書かれたオープンリールのテープなど約400点。マネジャーだった故マル・エバンズ氏が収集し、行方不明だったエバンズ・コレクションの可能性もあり、専門家は数億円の価値があるとみて驚いている。
 エバンズ氏はビートルズの録音技術者兼地方公演マネジャーで、膨大なコレクションを所有していた。しかし、1976年におもちゃの空気銃を持っていたところ、ロサンゼルスで警官に誤射されて死亡。“幻のコレクション”の行方がマニアや関係者の間で取りざたされていた。生前は、オーストラリアも訪れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■リチャード・ケリー監督新作!

 「ドニー・ダーコ」のリチャード・ケリー監督は、プロデューサーのショーン・マッキトリックと再びコンビを組み小説の映画化作品を製作する。クレイグ・クレベンジャーの小説「ザ・コントーショニスツ・ハンドブック」。数学に類まれな才能を持った天才児ジョン・ドーラン・ヴィンセントが、病院を転々としながらアイデンティティを見つけていく物語になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「氷の微笑」続編が始動!

 「氷の微笑」の続編が始動する。シャロン・ストーンは、「氷の微笑」続編への出演を合意した。続編は、ストーンと製作側との折り合いがつかず先延ばしにされていたが、いよいよ製作に向けて動き出す。製作スケジュールは、決定していない。ストーンは現在46歳だが、ヌードシーンにも再び挑戦する予定。「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィバーより、すごい執念かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■コリン・ファレル休業宣言!

 2000年の「タイガーランド」から12本の映画を立て続けに撮ってきたコリン・ファレルが、10か月になる息子ジェームズと過ごすために休業する。ファレルは新作「ザ・ニューワールド」で、ポカホンタスと恋に落ちる17世紀の探検家ジョン・スミスを演じるが、この撮影が終了次第、半年はゆっくりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジョン・ウォーターズ監督新作!

 ジョン・ウォーターズ監督の「セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ」以来4年ぶりとなる新作「A Dirty Shame」が今年9月に全米公開される。日本では来年公開の予定。トレイシー・ウルマン、ジョニー・ノックスヴィル、セルマ・ブレアらが共演する。ボルティモアを舞台に、快楽主義者と禁欲主義者の壮絶な闘いを描くコメディ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.13

■いぼ痔の画期的な新薬!

 医薬品開発ベンチャーのレキオファーマ(那覇市、奥キヌ子社長)が製薬会社の三菱ウェルファーマ(大阪市)と共同開発した、切らずに重症の内痔(じ)核(いぼ痔)を治す新薬が、厚生労働省から新医薬品として正式承認された。この治療法は国内初で、世界的にも画期的な方法だ。
 新薬の主成分は、医薬品に一般的に使われている硫酸アルミニウムカリウム(ミョウバン)。患部へ新薬を注射することで、患部がかたくなり、いぼが引っ込む仕組み。止血効果もある。治療時間は15分から30分程度。ほとんど痛みはなく1日の入院で済むという。臨床試験の結果、重症のいぼ核が消え目立った副作用もなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

■iTunes Music Store、1億曲に!

 アップルコンピュータのiTunes Music Storeが、合計1億曲のダウンロードを記録した。1億曲のキリ番は、カンサス州ヘイズに住むケビン・ブリテン氏が獲得した。その楽曲は、Zero7のSomersault (Dangermouse remix) 。ブリテン氏は、17インチPowerBook G4、40GバイトのiPodをゲット。iPodの容量をギリギリまで埋め尽くすことができる1万曲分のiTunesギフトもプレゼントされる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■リンゼイ・ローハン歌手に!

 リンゼイ・ローハンが、カサブランカ・レコードから歌手デビューする契約を結んだ。ローハンは出演した「フォーチュン・クッキー」「コンフェッションズ・オブ・ア・テーンエイジ・ドラマクイーン」のサントラのために数曲をレコーディングしており、これらがカサブランカ・レコードのトミー・モトーラの目に留まった。ローハンのデビューアルバムは早ければ年末に店頭に並ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■マーロン・ブランドの遺産!

 マーロン・ブランドの遺言が2160万ドルであることが明らかになった。ブランドは遺言状で、上は46歳から下は10歳までの10人の子供の認知をしており、その内の一人は養女だった。この養女、および自殺した娘シャイアンの息子は遺産相続から外されていたという。世間では、ブランドは借金を抱え、年金だけで生活をしているという認識があったが、300万ドルの私有財産と1860万ドルの不動産を所有していたことになる。不動産は生存信託に遺贈されることになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ハローキティがロボットに!

 サンリオの猫の人気キャラクター「ハローキティ」の生誕30周年を記念して、ビジネスデザイン研究所(本社・名古屋市)は12日、人間とのコミュニケーション用のロボット「ハローキティロボ(仮称)」を発表した。発売日はキティの誕生日に当たる11月1日の予定。価格は40万円台の見込み。体長は約52センチ、重さは約6キロ。目にはCCDカメラが搭載され、最大10人の顔を認識できる。約2万パターンの会話内容が組み込まれ、人の呼び掛けに反応してあいさつや会話をする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■金芝河が堺市で講演!

 軍事独裁政権時代の韓国で弾圧を受けながら民主化運動を展開し、「抵抗の詩人」として世界的に知られている金芝河が10日、大阪府堺市で「東北アジアから未来へのメッセージ」と題して講演し「東アジアから相互理解を進め、平和を実現しよう。イラク戦争に反対するだけでは平和は来ない。世界の人々が互いを敬い、生態系を維持しようという気持ちから平和の芽が生まれる」と訴えた。
 金芝河は、朴正熙大統領時代の1970年に特権階級の腐敗を風刺する詩集「五賊」を発表。投獄されて死刑判決を受けたが、国際的な救援活動で釈放された。63歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

■PS3は来春発表!

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の久多良木健社長は、ゲーム事業説明会「PlayStation Meeting 2004」で、プレイステーション次世代家庭用ゲーム機「PS3(仮称)」を2005年5月に米国で開かれる世界最大のゲームショー「E3(Electronic Entertainment Expo)」で実機を展示することを明らかにした。それに先立つ春頃に、プレミア(お披露目)発表会を国内で行う予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■エヴァ・マリー・セイント!

 ヴィム・ヴェンダース監督の次回作「ドント・カム・ノッキング」に、「北北西に進路を取れ」「波止場」などで活躍した女優、エヴァ・マリー・セイントが出演する。サム・シェパードが演じる年老いた西部劇役者が、映画のセットを離れて自分探しの旅に出るストーリー。現在80歳のセイントは、シェパードの母親を演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ディアスのトップレス!

 キャメロン・ディアスがトップレスで出演したビデオがインターネットに流出している。「シーズ・ノー・エンジェル/キャメロン・ディアス」と題した30分の映像には、トップレスのディアスが男性を縛って楽しむ映像や、「もっとセクシーに!猫みたいに!」と指示するカメラマンの要求に応えている映像などが含まれている。ダウンロード料金は39.95ドル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

■参院選投票に行ってきた!

 参議院選挙の投票に行ってきました。選挙は、いつも大切だけれど、今回はとりわけ大切な選挙だと思います。歴史的な選択に参加する方法は、いろいろあるけれど、投票はその中でも最も効果のある行為の一つでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.10

■イーストウッド新監督作!

 ドリームワークスが製作する「Flags of Our Fathers: Heroes of Iwo Jima」をクリント・イーストウッドが監督する。太平洋戦争の大きなターニングポイントになった硫黄島決戦でヒーローとなった6人の若者のその後の人生をたどる。原作は、ジョン・ブラッドリーの息子ジェイムズ・ブラッドリーが著わしたノンフィクション「硫黄島の星条旗」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■長者番付発表で編集長殺害!

 経済誌フォーブス・ロシア語版のパーベル・フレブニコフ編集長が9日夜、モスクワの編集部の近くで銃で撃たれ、殺された。同誌が5月に発表したロシア初の長者番付に対する報復との見方が広がっている。長者番付では、脱税容疑などで獄中にある石油大手ユコスのミハイル・ホドルコフスキー前社長を筆頭に上位36人の総資産額が国内総生産の4分の1に相当することを明らかにし、極端な富の偏在を裏付けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■DVD付き前売り券!

 10日から全国上映劇場約130館で発売されている映画「デビルマン」(那須博之監督、10月9日公開)の前売り券(1300円)に、劇中のハイライト映像などを10分間にまとめたプレミアムDVDが付いている。2万枚限定のダイジェスト盤。配給元の東映は「邦画でDVDを前売り券に付けるのは大変珍しい。東映としても初の試み」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ショーン・コネリーが自伝!

 やっぱりね-。「自伝は書かない」と言っていたショーン・コネリーが、自らの人生を振り返った本を執筆する。エジンバラ時代のことや、ジェームズ・ボンド役を射止めた時のことなどが書かれる。出版は来年秋の見通し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.09

■クリムトの伝記映画!

 「見出された時」のラウル・ルイス監督がクリムトの伝記映画に取り組む。タイトルは「Klimt」で、伝統やタブーを無視した作風で多くの非難を浴びながらもつねに新しい芸術のスタイルを模索しつづけた画家のスキャンダラスな人生を描く。ジョン・マルコヴィッチが、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したオーストリアの画家クリムトを演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジュネ監督の最新作!

 ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作「A Very Long Engagement」は、日本では来年の正月に公開される予定だ。セバスチャン・ジャプリゾ原作のベストセラー(『長い日曜日』東京創元社刊)の映画化。第一次大戦を舞台に、戦死したとの報せを信じず婚約者の消息を追って長い旅を続けるヒロインの姿を描く。主演はオドレイ・トトゥ。ジョディ・フォスターとガスパール・ウリエルが共演する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■デビッド・ボウイ心臓手術か!

 8日付の独紙ハンブルガー・モルゲンポストは、体調不良で欧州ツアーを中止した英人気ロック歌手デビッド・ボウイが、6月にドイツで心臓手術を受けていたと報じた。ボウイは6月26日、ドイツ北部のシェッセルでの公演後、肩に痛みを訴え、治療を受けたとされる。これについてモルゲンポスト紙は、同氏がハンブルクの病院で、細くなった動脈に網状の金属片を埋め込む緊急手術を施されたと報じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■バンデラス、次回監督作!

 アントニオ・バンデラスの次回監督作品が決まった。アントニオ・ソレールのナダル賞受賞小説「エル・カミーノ・デ・ロス・イングレース」を基に映画化し、大人の世界に足を踏み入れる男の子たちの思春期最後の夏を描く。2006年にスペインで撮影される見込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■驚きの映画出演契約事項!

 シャロン・ストーンが裁判のために提出した書類によって、ハリウッドのトップスターの法外な要求の内容が明らかになった。ストーンが映画出演をOKするには、最低でも次のことを満たしていなければならない。1日3500ドルの小遣い、自分専用のボディガード、撮影セットでの葉巻の喫煙禁止、タバコを吸わない運転手付きのリムジンと自分専用のコンバーチブルなど。撮影中には、3人のベビーシッター、2人のアシスタントを要求しているほか、宿泊はホテルのプレジデンシャル・スウィート、移動はプライベートジェットがない場合はファーストクラスでなければならない。現場の控え室に至っては、エアコン、ファックス、テレビ、シャワー、トイレ、ビデオ、冷蔵庫、ガスレンジ、ソファ、ステレオなどが必要で、自分の控え室の他に、子供用に1室、メイク用にもう1室の計3室を要求している。また、撮影に使った衣装や宝石などを気に入った場合、ストーンは無条件でもらうことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

■どきどきおもちゃ展!

 黒田拓、みかみあつこ、藤野羽衣子の3人による大人のためのおもちゃ企画展「どきどきおもちゃ展」が、8月5日-10日にアートスペース201(札幌市中央区南2条西1丁目、山口中央ビル6階C室)で開催される。会場にちりばめられた様々な遊びやおもちゃを用いた大人の子供のニュアンスエロ芝居「愛のかたち」も行う。お芝居は、8月6日(金)19:00、7日(土)14:30、19:00、8日(日)14:30の開演予定。公演時間は1時間程度。料金1200円。チケットは4プラプレイガイド、大丸プレイガイド、おもちゃ展HP(http://members.jcom.home.ne.jp/bunkaisya/hor.html)にて販売中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■芥川、直木賞候補決まる! 

 第131回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が8日、次の通り決まった。選考会は15日夕、東京都築地の「新喜楽」で開かれる。芥川賞候補になった舞城王太郎は2001年のデビュー以来、公の場にまったく姿を現さず、顔写真も経歴も明かしていない覆面作家。 
 【芥川賞】絲山秋子「勤労感謝の日」(文学界5月号)▽栗田有起「オテル・モル」(すばる6月号)▽佐川光晴「弔いのあと」(文学界5月号)▽舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」(群像1月号)▽松井雪子「日曜農園」(群像5月号)▽モブ・ノリオ「介護入門」(文学界6月号)
 【直木賞】伊坂幸太郎「チルドレン」(講談社)▽奥田英朗「空中ブランコ」(文芸春秋)▽北村薫「語り女(め)たち」(新潮社)▽熊谷達也「邂逅(かいこう)の森」(文芸春秋)▽田口ランディ「富士山」(文芸春秋)▽東野圭吾「幻夜」(集英社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「Googles」が「Google」に異議

 子供向けWebサイトの「Googles.com」が、検索大手Googleの進出で損害を被っているとして7月7日、アメリカ特許商標庁に異議を申し立てた。Googles.comのサイトでは「Googles from Goo」というキャラクターが登場、関連グッズの販売のほか、「My Googles」「Googles Mail」「Goo Community」などのサービスを提供している。「Googles」の商標は、このサイトを運営するStelor Productionsが保有。同社はGoogleの商標が子供向け商品などに利用されることに対して異議を申し立てるとともに、電子メールと検索エンジンサービスに関しても、Googleの商標登録の抹消を求めた。スティーブン・エスリングCEOは、「Webには両社が共存できるだけの十分な余地があるが、それは当社の領域である子供向け事業をGoogleが侵害しなければの話だ。商標権を取得したのはわれわれの方が先であり、当社のブランドと事業に深刻な打撃を与える権利はGoogleにはない」と主張している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カーク・ダグラスの末息子死去!

 カーク・ダグラスの4男エリック・ダグラスが自宅のアパートで死んでいるのが発見された。46歳だった。エリックは1980年代から90年代にかけ、俳優として「デルタフォース3:ザ・キリング・ゲーム」などに出演していた。1999年には薬の過剰摂取により6日間意識不明で入院したことがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■iPod mini、24日発売!

 アップルの4GB1インチHDDを内蔵した小型オーディオプレイヤー「iPod mini」の国内発売日が決定した。発売日は7月24日で、価格は28,140円。同社直販サイトApple Store、Apple Store, Ginzaなどで販売される。4GBのHDDに最大1,000曲(128kbps・1曲4分の場合)の楽曲を保存でき、本体サイズは91.4×50.8×12.7mm、103gの小型サイズを実現。カラーバリエーションとしてはシルバー、ゴールド、ピンク、ブルー、グリーンの5色が用意され、インナーイヤー型ヘッドフォン、iPod miniパワーアダプター、FireWireケーブル、USB2.0ケーブル、iTunes 4.6収録のCD-ROMが同梱される。対応OSはMac OS X 10.1.5以降、およびWindows 2000/XP。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■世界最小の魚種を発見!

 シドニーのオーストラリア博物館は 7日、同館の研究誌の最新号で「世界で最も小さく、最も軽い魚が発見された」と発表した。この魚はスタウト・インファントフィッシュで、成魚の重さは1ミリグラム。体長はオスが最大7ミリメートル、メスは8・4ミリメートル。1カ月ほどで成魚になるが、生存期間は2カ月ほどだという。歯やうろこ、ひれはない。AP通信によると、これまで確認された世界最小の脊椎動物はドウォーフ・ゴビーフィッシュという魚で、オスは体長8・6ミリメートル、メスは8・9ミリメートルとされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.07

■ショートショート初日完走!

 ショートショート フィルム フェスティバル2004in北海道の札幌会場での初日、7月7日。朝から夜までの6プログラムを完走した。約9時間。しかし、同じ9時間でも「ショア」を観続ける9時間とは、まるで違う。数十の違う表現形式の作品を次々に観ていくと、感性のさまざまな領域が刺激されていく。10秒で笑い、1分で考えさせられ、10分で涙していた。とても疲れたが、人々の表現の世界旅行のような充実した疲労感だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■千夜千冊が1000冊に到達!

 「松岡正剛の千夜千冊」が、4年5か月をかけて、7月7日に1000冊に到達した。1000冊は、おおかたの予想を裏切って、『良寛全集』(上下)。しかし、これが最後ではない。松岡は最後にこう書いている。「7月24日までの、ある一夜、あと一冊だけを綴ってみたいと思います。それをいつ書くかはわかりません。「千夜千冊」は、なんと一千一冊だったということになります。では、諸君、その夜を!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■テレンス・マリック監督作!

 テレンス・マリックが「ザ・ニュー・ワールド」を監督する。17世紀を舞台にした時代冒険もので、ヨーロッパ人とアメリカ先住民文化の出会いを描く。クリスチャン・ベールが出演する。ベールが演じるのは、タバコ栽培をするイギリス人の主人公、ジョン・ロルフェ。共演はコリン・ファレル、ノア・テイラー、デヴィッド・シューリスらで、公開は、来年11月を予定している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.06

■根津甚八が車で死亡事故! 

 根津甚八の乗用車が、6日午前11時20分ごろ、東京都目黒区中根2の区道交差点で、鈴木定夫さん(67歳)の自転車をはねた。鈴木さんは頭を強く打って死亡。警視庁碑文谷署は業務上過失致死容疑で、東京地検に書類送検する方針。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ショートショート札幌5周年記念!

 ショートショート フィルム フェスティバル2004in北海道の札幌会場は、アーバンホール(札幌市中央区南3西4、アーバン札幌7階)。7月7日から11日まで開かれる。7月6日夜に札幌プリンスホテル・パミール館で、ショートショート フィルム フェスティバル2004in北海道5周年記念レセプションパーティーが開かれ、関係者や多彩なゲストが集まった。フォーラムにゲスト出演の真島理一郎さん、「誰も知らない」のキャンペーンで札幌を訪れていた是枝裕和監督らがスピーチした。
 130の上映作品の中から「Early Bloomer」(IC)、「Dangle」(IA)、「Kitty」(IF)、「A kiss is a Kiss is a Kiss」(IC)、「Sunday Paper」(カリフォルニア)、「6:pm」(カリフォルニア)、「Japan」(北海道セレクション)を上映した。「Early Bloomer」の見事なアイデアに笑い、「Sunday Paper」の余韻に浸った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「ジ・アリバイ」の配役!

 カート・マッティラとマット・チェコウスキーが監督するコメディ映画「ジ・アリバイ」のキャストが固まった。主演は、レベッカ・ローミン=ステイモスとスティーヴ・クーガン。このほか、セルマ・ブレアー、ジョン・レグイザモ、サム・エリオット、ジェイミー・キング、ジェームズ・マーズデン、ジェームズ・ブローリンが出演する。浮気している人のためのアリバイ作りを仕事にしている主人公の男が、クライアントの問題を解決している過程で女性に恋してしまう物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ナオミ・ワッツの最新作!

 「リング2」を撮影中のナオミ・ワッツが、リュック・ベッソン監督作「デイジー・スカーレット」に主演する。MI6のエージェントであるデイジーが、著名人の死にまつわる陰謀に巻き込まれていく物語。当初は、ケイト・ベッキンセールが想定されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.05

■ニュートリノの「振動」!

 素粒子のニュートリノの1種が飛行中に別の種類に変わったり、元に戻ったりを繰り返す「振動」と呼ばれる現象を、大規模検出装置「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)を使って直接観測することに世界で初めて成功したと、東大宇宙線研究所などの国際実験グループが5日、発表した。 ニュートリノの質量の存在を完全に実証できたほか、どのぐらいの質量があるのかを探る重要な手掛かりになると期待される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■プレゼン用マウス発売!

 コクヨは、プロジェクタによるプレゼンテーションで、パソコンをワイヤレスで操作しながらレーザーポインターとしても利用できる「プレゼンテーションマウス」を7月15日に発売する。価格は1万6590円。パソコンから離れていてもデスクトップのマウスと同様にカーソルを動かしたり、クリックすることができる。RF(電波)方式を採用しているため、動作可能距離内(約10m)であれば本体をレシーバーに向けなくても操作が可能。とくに、パワーポイントの画面をプロジェクタで映写するプレゼンテーションで、講演者が立ったままパソコン画面をスクロールするといった用途に適している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■野沢尚告別式で遺書!

 自殺した野沢尚(ひさし)さん(享年44)の葬儀・告別式が4日、東京都中央区の築地本願寺で行われた。テレビディレクターの鶴橋康夫監督は「20年そばにいた。声をあげて泣いた」と無念の表情。遺書があったことを明かし「メモで“ご迷惑をおかけします。夢はまだいっぱいあるけど失礼します。ここまで育ててもらってありがとうございます”というようなことが書いてあった。かわいくてまだいっぱい約束もあった。わからん」と思いを語った。弔辞では「もう楽になっていいぞ。君は家族よりも登場人物と親しみすぎた。その行く末も、細々とした日常も身を粉にして考えすぎた」と声を詰まらせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レイ・チャールズ映画化!

 2004年6月10日に肝不全のため73歳で死去ブルースの星・レイ・チャールズの人生を描く映画が、10月に公開される。チャールズが生前に製作を同意していた作品で、ジェイミー・フォックスがチャールズを演じている。チャールズは、この映画のために昔の曲を再レコーディングし、サウンドトラックが8月に発売される。製作スタッフは「レイ・チャールズはシナリオにOKを出し、この映画を100パーセント支持してくれていた」と話している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■ドゥーアン、アルツハイマー!

 「スター・トレック」シリーズでスコッティを演じたジェームズ・ドゥーアンが、アルツハイマー病を患っている。ただし、まだ初期段階。アルツハイマー以上に、パーキンソン病と糖尿病の症状の方が重いという。現在はワシントン州の老人ホームで、妻と80歳の時に生まれた娘と一緒に過ごしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

■「フライ,ダディ,フライ」映画化

 「油断大敵」の成島出監督によって金城一紀の小説「フライ,ダディ,フライ」が映画化される。映画「GO」公開後に脚本挑戦を熱望した金城さんが、先に脚本を執筆してから小説化した作品。岡田准一、堤真一が共演し在日韓国人の高校生と中年サラリーマンの交流を描く。7月下旬にクランクアップ。来年初夏に公開予定だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

■「スイミング・プール」にオゾンはつきもの?!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 2003年。フランス・イギリス合作。102分。配給=ギャガ・コミュニケーションズ Gシネマグループ。監督・脚本=フランソワ・オゾン(Francois Ozon)。製作=オリヴィエ・デルボス、マルク・ミソニエ。共同脚本=エマニュエル・ベルンエイム。撮影=ヨリック・ルソー。音響=ルシアン・バリバー。美術=ウォウター・ズーン。編集=モニカ・コールマン。衣装=パスカリーヌ・シャヴァンヌ。メイク=ジル・ロビラード。ヘア=ミリアム・ロジャー。音楽=フィリップ・ロンビ。サラ・モートン=シャーロット・ランプリング(Charlotte Rampling)、ジュリー=リュディヴィーヌ・サニエ(Ludivine Sagnier)、ジョン・ボスロード=チャールズ・ダンス、マルセル=マルク・ファヨ−ル、フランク=ジャン=マリー・ラムール、マルセルの娘=ミレイユ・モセ

 フランソワ・オゾン監督の新作「スイミング・プール」は、通常のミステリーではない。ミステリー作家を通じた映画と観客の間のミステリーといえる。オゾン監督にしては、控えめで美しいシーンが続くが、それは最後の企みをより効果的にするための仕掛けだ。リュディヴィーヌ・サニエとシャーロット・ランプリングの対立も裸体も、そのために生かされている。
 人を食った作風のオゾン監督の新たな手練として、最後に驚かされる。後から思い返すと、さりげないヒントがちりばめられている。無駄がない。しかしながら、呆れてしまうほど強引だったオゾン・テーストは、やや上品になった。確かに人を食った結末なのだが、ミステリー作家の心理に沿って無理がない。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

■「プール熱」過去最高を記録!

 厚生労働省の国立感染症研究所(感染研)の調査によって、プールで感染が広がる「プール熱」(咽頭(いんとう)結膜熱)の発症が過去最高を記録し大流行していることが判明した。発熱やのどの痛み、結膜充血の症状がある。流行は昨年末から続き、温水プールの普及やウイルス変異が増加の原因と考えられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■宮沢りえ、試写会に出席! 

 7月31日公開予定の映画「父と暮せば」(黒木和雄監督)。広島市で行われた3日の試写会に、主演の宮沢りえが出席した。原作は井上ひさしさんの同名戯曲で、原爆投下から3年後の広島を舞台に、父親や親友を失った若い女性が苦しみを乗り越えていく姿を描いた物語。撮影を控えた約1年前に原爆ドームを訪れたというりえは「その時に受けた衝撃を強く強く心にとどめて演じました。」と振り返った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.03

■マーロン・ブランド死去!

 マーロン・ブランドが1日、80歳で死去した。「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」などに出演したブランドは、アカデミー賞を2度受賞。アル・パチーノやロバート・デ・ニーロなどの後輩男優の演技スタイルにも大きな影響を与えた。アメリカ・ネブラスカ州生まれ。ニューヨーク・ブロードウェーでエリア・カザン演出の「欲望という名の電車」に出演して注目された。アメリカ先住民の支援活動も推進。1973年には「ゴッドファーザー」でのアカデミー賞授賞式に代理の女性を出席させ、ハリウッドのアメリカ先住民対応を批判させて受賞を拒否した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「頭文字D」が実写映画化!

 人気コミックの「頭文字<イニシャル>D」が、ついに実写映画化される。家業の豆腐屋の配達をするうちにドライビング・テクニックを身につけた藤原拓海という青年が峠のドライバーたちと激烈なカーバトルを繰り広げるレーシング・エンターテインメントだ。監督は「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ&アラン・マック。藤原拓海役のジェイ・チョウは台湾の人気シンガーソングライターで映画は初主演。ヒロインの茂木なつき役は鈴木杏。撮影は6月からコミックの舞台でもある群馬県の榛名で始まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.02

■ハリウッドで「OUT」映画化!

 桐野夏生の小説「OUT」が、ハリウッドで映画化される。監督は現在「The Ring 2」を撮影中の中田秀夫。舞台をアメリカに置き換え、「テルマ&ルイーズ」のような要素を盛り込んだサスペンス・スリラーになる。「OUT」は、今年英訳が日本人で初めてエドガー賞にノミネートされている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■アップル、新型iMac発売遅れ!

 アップルは1日、全く新しいiMacの開発が進んでいることを正式に認めた。ただし、発売が9月以降にずれ込むために、旧モデルの在庫が切れてしまった後しばらくの間iMacが店頭から姿を消す。アップルは声明の中で、「現行のiMacは今後数週間以内に在庫がなくなるが、われわれはそうなる前に次世代iMacを用意する計画だった。しかし、この計画は明らかに完璧ではなかった」としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レニー・ハーリン監督次作!

 レニー・ハーリン監督は、15年間もバイキングを主人公にした映画の企画を温めてきたが、ついに夢が実現する。ショーン・オキーフとウィル・ステープルズの脚本により、二人のバイキングの兄弟が誘拐してきたイギリスのプリンセスに恋する歴史大作「ザ・ノースメン」を監督することが決まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジョーン・コリンズ骨折!


 「ダイナスティ」のジョーン・コリンズが、ファンと握手して骨折した。コリンズは、新刊「ジョーンズ・ウェイ」の出版記念としてサイン会を行っていたが、体の大きな男性が握手、ものすごい力で手を握られて激痛が走ったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.01

■伊能忠敬、大図そろう!

 江戸時代の測量家・伊能忠敬が作成した伊能大図(だいず)の全214枚がそろった。伊能が描いた日本列島の全ぼうが姿を現した。海上保安庁海洋情報部(東京都中央区)の書庫で、未確認だった最後の4枚の模写図が発見された。伊能忠敬研究所の渡辺一郎代表が1日、明らかにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ことし前半映画ベスト20!

 ことし2004年に劇場で観た作品の中から選んだ(映画祭を含む)。ベスト1は「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」で揺るがない。しかし、2位以下は大いに悩んだ。今後変わる可能性が大きい。
1.「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
2.「殺人の追憶」
3.「下妻物語」
4.「ジョゼと虎と魚たち」
5.「ぼくは怖くない」
6.「天国の本屋〜恋火」
7.「シービスケット」
8.「アップルシード」
9.「コールドマウンテン」
10.「ラブストーリー」
11.「シルミド」
12.「あゝ! 一軒家プロレス」
13.「ドーン・オブ・ザ・デッド」
14.「スキャンダル」
15.「スパニッシュ・アパートメント」
16.「チルソクの夏」
17.「死に花」
18.「21グラム」
19.「マッハ!」
20.「半落ち」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ハリポタ」第6巻タイトル!

 「ハリー・ポッター」シリーズの第6巻のタイトルが発表された。「Harry Potter and the Half Blood Prince(ハリー・ポッター・アンド・ザ・ハーフ・ブラッド・プリンス)」で、著者のJ・K・ローリングが自分の公式サイトで明らかにした。「ハーフ・ブラッド・プリンス」は直訳すると「混血の王子」。出版日は決まっていない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■東京映画祭に黒澤明賞!

 第17回東京国際映画祭が10月23日から31日まで開催される。伝統ある渋谷のオーチャード・ホールに加え、六本木ヒルズも会場になっており、六本木ヒルズでの盛大な前夜祭も予定している。黒澤明監督の偉業を称えるとともに「世界で活躍し、東京国際映画祭に参加できる映画人」を対象に新たな“黒澤明賞”を設ける。10月22〜24日に幕張、25〜27日に六本木でそれぞれフィルム・マーケットが開設される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ティム・バートンがアニメ!

 ティム・バートンは、再び「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のようなストップモーション・アニメーションを監督する。19世紀ヨーロッパの村を舞台に、死体の花嫁と結婚した主人公があの世を旅する物語。ジョニー・デップが主人公の声を吹き替え、ヘレナ・ボナム=カーターが死体の花嫁の声を、エミリー・ワトソンが主人公が戻ってくるのを待つ本当の妻の声を担当する。脚本はバートンとマイク・ジョンソンが手掛ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »