« ■「21グラム」は演技の肉弾戦! | トップページ | ■「奇人画報」奇想の天才的飛躍! »

2004.06.05

■人体の不思議展を観た!

 札幌メディアパーク・スピカで行われている「人体の不思議展」に行ってきた。すごく混雑していた。家族連れやアベックが多い。本物の死体を化学処理してプラスチックのような質感にかためたもの。本当の身体なので、細部まで形や構造が分かる仕組み。ほどよく解体、切断している。スライス化した身体、脳は感動的だ。駕籠真太郎のマンガ「大葬儀」に収録されている「DISC」を思い出した。
 しかし、身体の質感は失われている。乾燥して無臭なので、人工物に思える。ホルマリン漬けの身体の方が、生きている身体の質感には近いと思う。

|

« ■「21グラム」は演技の肉弾戦! | トップページ | ■「奇人画報」奇想の天才的飛躍! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/717088

この記事へのトラックバック一覧です: ■人体の不思議展を観た!:

« ■「21グラム」は演技の肉弾戦! | トップページ | ■「奇人画報」奇想の天才的飛躍! »