« ■「イーオン・フラックス」実写版! | トップページ | ■ウォン・カーウァイ監督新作! »

2004.06.10

■IEに「極めて重大」な欠陥!

 あるアドウェア業者が、これまで明らかになっていなかったMicrosoftのInternet Explorer(IE)ブラウザにある2つのセキュリティホールを悪用し、ポップアップ広告を表示させるツールバーを被害者のコンピュータにインストールしていたと、研究者らが明らかにした。
 欠陥の1つは、攻撃者が被害者のマシン上でプログラムを起動できるようにしてしまうというもの。もう1つは悪質なコードを「クロスゾーン」させる。つまり、通常より高位のユーザー権限で実行できるようにしてしまう。これらのセキュリティホールに関する2件の分析によると、2つの欠陥を組み合わせた場合、あるウェブサイトを設けて、ユーザーがそこにアクセスすると、ユーザーのコンピュータにプログラムをアップロードし、インストールしてしまうといったことが可能になるという。

|

« ■「イーオン・フラックス」実写版! | トップページ | ■ウォン・カーウァイ監督新作! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/745295

この記事へのトラックバック一覧です: ■IEに「極めて重大」な欠陥!:

« ■「イーオン・フラックス」実写版! | トップページ | ■ウォン・カーウァイ監督新作! »