« ■「スチームボーイ」完成! | トップページ | ■ハリウッド版「鉄腕アトム」! »

2004.06.04

■カンブリア紀前に複雑な生物!

 中国の南京大学や米カリフォルニア工科大などの共同研究チームが、中国南西部、貴州省の5億8000万-6億年前の地層から、微小な多細胞生物の化石を発見した。身体が左右対称で複雑な構造で、多細胞生物としては、オーストラリアで発見された「エディアカラ生物群」の化石(約5億4300万年前)より古い。 
 新発見の化石は直径が最大約180マイクロメートルで、カメの甲のような形。口や腸、感覚器官を備えた動物とみられ、研究チームは新属新種に分類。全地球規模の氷河期が終わった後に出現したと考えられる。
 現在の動物の大半の祖先は約5億4000万年前からのカンブリア紀に出現し、「カンブリア紀の大爆発」と言われる。研究チームはこの化石を基に、複雑な身体構造をつくるのに必要な遺伝子のシステムは、カンブリア紀のはるか前に発達していたとみている。

|

« ■「スチームボーイ」完成! | トップページ | ■ハリウッド版「鉄腕アトム」! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/712914

この記事へのトラックバック一覧です: ■カンブリア紀前に複雑な生物!:

» 微生物の世代交代 [休・人・欄]
ふと思った。 日本人の寿命は50年と考えると、西暦2004年の今、40世代目だ。 人類の起源を15万年前とすると3000世代目となる。 では、微生物は... [続きを読む]

受信: 2004.06.05 23:34

« ■「スチームボーイ」完成! | トップページ | ■ハリウッド版「鉄腕アトム」! »