« ■残りの2人も解放された! | トップページ | ■「下妻物語」5月公開! »

2004.04.17

■政府の驚くべき情報操作!

 「FRIDAY」(講談社)4月30日号を立ち読みしていたら、驚くべき記事が出ていた。日本人3人が人質になり映像が公開された直後から、事件が3人による「自作自演」という書き込みがインターネットの掲示板にあふれ出した。「FRIDAY」によると、その背後には政府の影があったというのだ。マスコミに「自業自得」の論調をはらせたのも、政府であると政治部記者が明らかにしていた。露骨な情報操作だ。
 しかし日本のマスコミは、衝撃的な映像を故意に放送しなかったり、政府のそうした動きを批判しようとしない。小泉政府も怖いが、骨抜きになっているマスコミはもっと怖い。小泉政権ができたときに、ヒットラーとの類似点を上げた論調があった。あながち、的外れではなかったかもしれない。

|

« ■残りの2人も解放された! | トップページ | ■「下妻物語」5月公開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/453622

この記事へのトラックバック一覧です: ■政府の驚くべき情報操作!:

« ■残りの2人も解放された! | トップページ | ■「下妻物語」5月公開! »