« ■キングコングはゴラム? | トップページ | ■ビートルズDVD発売 »

2004.04.06

■電子メールがのぞかれる!

 グーグル社が発表した保存容量1GBの無料電子メールサービス『Gメール』は、その内容を読めば読むほどプライバシー面で不安になる。
 大容量でメールを削除する必要がなく何十万通の中から検索ができることは、便利かもしれないが、大量のメールを監視可能な状態に置くということでもある。アメリカでは、保存期間が180日を過ぎた電子メールは法執行機関による取得が可能になる。
 さらに無気味なのは、受信メールの内容をスキャンしてキーワードを見つけ出し、関連したテキスト広告をそのメールに挿入するというシステムだ。不特定多数に公開しているホームページやブログの内容に合った広告が付くのならば納得もいくが、私信の内容をスキャンされるのは、はなはだしく不快だ。グーグル社がいかに否定しようとも監視されている気がする。検索技術を生かした電子メールと広告の組み合わせは、おいしい市場かもしれないが、プライバシー保護の点では非常に危険な行為である。

|

« ■キングコングはゴラム? | トップページ | ■ビートルズDVD発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/402222

この記事へのトラックバック一覧です: ■電子メールがのぞかれる!:

« ■キングコングはゴラム? | トップページ | ■ビートルズDVD発売 »