« ■検索ワードランキング | トップページ | ■イタリア人人質1人殺害! »

2004.04.15

■作家鷺沢萠35歳で急死!

 作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、亡くなった。35歳というあまりにも若い死。死因は心不全で、死亡時刻は11日未明と見られる。高校3年の時に書いた「川べりの道」で、文学界新人賞を当時最年少の18歳で受賞。学生作家として話題を集めた。1992年に「駆ける少年」で泉鏡花文学賞をしている。

|

« ■検索ワードランキング | トップページ | ■イタリア人人質1人殺害! »

コメント

今日利重剛の再婚相手と(もとプリプリの人)子供が誕生したそうです。そういう事もわかっていたのか・・つい最近最年少の
芥川賞を人のこととか・・勝手な想像なのですが。つい身につまされて・・きっと全てに疲れていたのかもしれない・・
今手元に野生時代5月号 酒井順子氏と一緒に対談しているのが
ウソみたい・・旅も・・沖縄へ行っていたのがうそみたい。
生きてることが奇跡なような時代なのか・・・

なんだか寂しいよぉ

投稿: 矢ぐるま草 | 2004.05.21 21:07

僕も鷺沢萠、好きでした。

亡くなっただけでもショックなのに自殺だったというのは2重にショックでした。

初めてスタイリッシュキッズを読んだときに、切ないような、痛いような想いは今でも覚えています。

以来、彼女の本を読むようになりました。

確かに女性とは思えない(というと失礼ですが)骨太なテーマが多かったですよね。エッセイなどを読んでも男性のような武勇伝が記されていました。

でも、そういうイメージとは裏腹にすごく繊細で気配りができる人だ、と藤原伊織さんは今回の件で取材を受けて答えていました。

もっと先々まで彼女の作品の変遷を見つめていきたかった一人のファンとしては残念でなりません。

PS利重剛監督とは結婚してすぐに離婚しています。彼女がまだ20代の初めの頃の話だったと思います。
でも、元夫の悪口をいうでもなく(もちろん知人に入っていたのかもしれませんが)、どちらかというと自分の側の原因についてかんがえてしまったりする、そういう潔さも彼女の魅力であり、一方で、危うさでもあったのかもしれませんね。

投稿: Eddie | 2004.04.23 03:24

ショック。鷺沢萌が逝去だなんて。彼女の作品は女性とは思えないほど骨太い作品だった。題名は忘れたが、気持ちは優しい気も強くない男が体が大きいからと言う理由でプロレスラーとして大成した話しを読み、感動したことがあった。男性が書いた作品だと思っていたから。
若くしてデビューしたが、文章が上手作家だった。もし去年のデビューだったら芥川賞を取ってたかもしれない。

若手の女性作家で筆力ではトップクラスの人だと思ってた。
確か一時利重監督と結婚していたような気がしたが、勘違いだっただろうか。
とにかく残念。

投稿: 坊の内 | 2004.04.15 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/442506

この記事へのトラックバック一覧です: ■作家鷺沢萠35歳で急死!:

» 鷺沢萠 追記 [博覧強記]
先日、鷺沢萠について書き込みをした翌朝、Yahooニュースを見て驚きました。 [続きを読む]

受信: 2004.04.23 03:25

« ■検索ワードランキング | トップページ | ■イタリア人人質1人殺害! »