« ■「CASSHERN」予告編 | トップページ | ■壁掛けテレビという夢! »

2004.03.05

■映画割引メンズデー誕生!

 レディースデーがあるのに、何故にメンズデーがないのか。男性の映画ファンとしては、長年疑問に感じてきたことだろう。「女性の方が映画を見る」「女性の方が価格に敏感」などという理由は、付け足しにすぎないだろう。強いて言えば「女性の方が、はっきりものを言う」と言うことだと思う。一部がレディースデーを始めた後、札幌の劇場全体に広がった理由は、女性たちのすさまじい要請だったと言う。独立系の小さい劇場も、涙を飲んで追随した。
 そして今月から、札幌でシネコンのメンズデーが始まる。ユナイティドシマネ札幌が8日から毎週月曜日をメンズデーとして料金を1,000円にする。10日からは札幌シネマフロンティアが水曜日メンズデー1,000円をスタートする。木曜日のレディースデーとぶつからないようにしている。そして、スガイ・エンターテインメントは、毎週月曜日を男女とも会員1,000円の会員デーに定める。私は、たくさん映画を見る人のための会員デー制度には賛成だが、メンズデーの拡大が小劇場の淘汰につながることを怖れている。

|

« ■「CASSHERN」予告編 | トップページ | ■壁掛けテレビという夢! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■映画割引メンズデー誕生!:

« ■「CASSHERN」予告編 | トップページ | ■壁掛けテレビという夢! »