« ■オーランド・ブルーム! | トップページ | ■黒門の前のギムリの一言! »

2004.02.17

■処理速度が従来の100倍!

 現在のパソコンは、まだ黎明期だと思う。しかし、いよいよバーチャルリアリティという言葉が、リアルさを持つレベルのデータ処理が可能になりそうだ。名古屋大と横浜国立大の研究グループは、超電導体を使った「単一磁束量子回路(SFQ)」により、超高速でデータを処理するコンピューターのマイクロプロセッサー(MPU=超小型演算処理装置)を、世界で初めて開発したと発表した。
 SFQ回路は半導体の電子の代わりに、磁力線の束である磁束を利用する。磁束は質量がなく、光速で動くほか、電気抵抗がない超電導状態で働く。処理速度は10倍以上、消費電力は1000分の1以下。回路の集積度を高めれば、処理速度が100倍のコンピューターも可能になる。つまり数10〜数100ギガヘルツの周波数の高速MPUが実現する。コンピューターのイメージが、一新することだろう。

|

« ■オーランド・ブルーム! | トップページ | ■黒門の前のギムリの一言! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/206498

この記事へのトラックバック一覧です: ■処理速度が従来の100倍!:

« ■オーランド・ブルーム! | トップページ | ■黒門の前のギムリの一言! »