« ■やっと「ジョゼ」を観た! | トップページ | ■ペンのような新型マウス! »

2004.01.26

■「自衛隊に入ろう」復活!

 ついに来るべき時が来た。歴史的な1月26日。石破防衛長官は26日夜、イラク復興支援特別措置法に基づき、陸上自衛隊本隊約530人と海上自衛隊約300人にイラク南部のサマワへの派遣を命令した。泉谷しげるは25日、発売したマキシシングルのPRイベントで、突然「自衛隊に入ろう」を歌った。そして最後には「イラクへ行け」と絶叫した。
 「自衛隊に入ろう」は、M・レイノルズの曲に高田渡が詞を付けた替え歌。明るいノリで「自衛隊に入ろう、入ろう、入ろう。自衛隊に入ればこの世は天国。男の中の男はみんな、自衛隊に入って花と散る」と逆説的に反戦のメッセージを送った。歌詞を真に受けた防衛庁が「自衛隊のPRソングに」と申し出たという実話が残っている。1968年6月から広まった歌は、69年になってレコード化され、民放連は放送自粛に走った。ベトナム戦争の時代だ。
 泉谷しげるは「何で、こんな歌がこの時代に合うんだ」と話していたが、「自衛隊に入ろう」が似合う時代になってしまった。自衛官募集ポスターに「モーニング娘。」が登場したのは、2003年8月。高校生をターゲットにしているという。今となっては「一生懸命って、いい感じ GO!GO!PEACE!」のコピーが、妙に生々しい。「モーニング娘。」が明るいノリで「自衛隊に入ろう」を歌うと面白いのだが。

|

« ■やっと「ジョゼ」を観た! | トップページ | ■ペンのような新型マウス! »

コメント

泉谷しげるは「イラクに行こう」と歌った時に、真面目にそう歌ったのか皮肉的にそう歌ったのか?

投稿: sabine | 2006.02.08 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/138356

この記事へのトラックバック一覧です: ■「自衛隊に入ろう」復活!:

« ■やっと「ジョゼ」を観た! | トップページ | ■ペンのような新型マウス! »